「ほっ」と。キャンペーン

憧れのカツオ釣り

なかなかミニボートでは釣ることができないカツオ船に思い切って乗ってみました
今回もお盆休みの真っただ中、急に予定がはっきりしたので急きょあちこちあたって、船を探してもらいました
どこも混んでそうな気配なのですが、たまたま釣り友に紹介していただいた大磯の仕立て船に
乗せてもらうことができました
ラッキーです

朝5時に港で皆さんと合流
そして今回幹事さんに口をきいてくださったIさんにご挨拶
そして幹事さんも新設に対応してくださる

合計8人での出船
カツオは走るのでこれが限界とのこと
e0007544_1659483.jpg




出船するもカツオの群れになかなかあたらない
相模湾中の船宿があちこちからポイント目指して走っていく
もちろんよくお世話になる船宿さんも4隻だてでカツオを追っていく
さすがです
そんなこんなで午前中2時間ほどクルージング
今日は渋そうな気配

ある程度目星がついて船長からの合図で仕掛けを落とす
なかなか当たらない
根気よくコマセを詰めなおしまた・・・と思うと、すぐにハイ上げてっと移動の合図
とにかく忙しい
コマセもはんぱない量を使う

昼頃のは晴れてきて暑くなてきたけど、やっぱり青空に青い海を見ながらの釣りのほうが楽しい
あちこちの船も目の前
見てるとみよしのルアーが良く当たってる

e0007544_1732139.jpg




そうこうしてるうちに自分の竿掛けの角度が気に入らないので調整しようとしたら、突然のアタリ
おお~もしや・・・と即巻き上げ開始
うっかり竿を外して手持ちにしてしまったら、重いこと
海に引きずられる勢いです

竿掛けに掛けたくても一人では掛けられない
船長に手伝ってもらって竿掛けにかけ何とかタモですくってもらう
引きがカツオではなく明らかにキメジです
初のキメジゲットで自分でもかなり興奮
昨年の同じ大磯からやはりワラサを釣らせていただいたあの興奮を思いだした

やっと取り込んで締めていただく
バケツの水が真っ赤になる
この水は絶対海に捨てないでね
サメが寄ってきてしまうから、と念を押される
で、今回やっぱりクーラーの大きさギリギリです
やはり今シーズンは60L以上をひとつ買わないとです
前回の真鱈の時も同じこと思ったのに(笑)

e0007544_171595.jpg



その後船内カツオとキメジが数本
お隣の方はは胴体を海面すれすれでサメに食べられれしまったり

一日走り回ってほんとうに忙しい釣りでしたが、何とか1本でもあげられて良かったです

帰宅してまな板に乗せたら改めてキメジとはいえ、その大きさに呆然としてしまいました

e0007544_1735627.jpg




魚はヒラメ以外はほぼ3枚おろししかやらないのでどっから手をつけようか・・・
そんな感じでしたが、なんとか解体
お刺身は翌日からの方が美味しいと言われたのですが、中おちが沢山出てしまい
それだけでお腹いっぱいに
中おち、それはそれで美味しい
カマも外して塩焼きに・・・

サクにしたものだけでもけっこうな量になてしまったので、お友達にもお裾分け

昨夜はお盆にお墓参りで行った北陸金沢で買ってきた夏酒を一本おろしてみた
疲れ過ぎて1合ほどで撃沈でした

e0007544_1745574.jpg

しばらくマグロ楽しめそう
カツオが釣れなかったのがちょっと心残りですが・・・
[PR]

# by kono0202 | 2016-08-16 17:04 | アウトドア

夜アカイカ

久し振りのブログ更新になっていましました
この2か月間もちろん釣り三昧でしたが
仕事も忙しく、出かけてしまうとPCを開く時間がなくなってしまうという状況が2か月ほど続いてます
もちろん、このブログはただの趣味の備忘録のようなものなので、更新頻度とかアクセス数とか
誰かと競ってるわけではありませんしもちろんお商売をしてるわけでもないので、もっぱらマイペースです

基本写真が好きで、数年前までは一眼レフの作品を載せたくて開いたブログですが
今や携帯の画像も性能が上がってきてるのもあって、ダイレクトな投稿もできるのですが
あえてそれはしないで、たとえ携帯画像でも、いったんPCに取り込んで画像処理するようにしています
なので、なかなか更新できずにいます

今回は久しぶりにアカイカ(ケンサキイカらしい)釣りに行ってきました
アカイカと呼ぶのは日本海ならでは
上越のいつもの港から、ボートのゲストとして釣行してきました

海なし県人ボートチームの皆さんも遠くから集まってきてます
情報ではアカイカが釣れてる
しかも夜とのことで、今回は夜間航行灯を装備して、夕方4時に出航
梅雨も明けて夏本番となった日本海は、夕方でも暑さは厳しいけど
さすがに海上に出ると風が涼しい

明るいうちにおみやげのアジでもと湾内のポイントを探るも、予報に反して風が強い
予報では風は下がっていくことになっているので、しばらく堤防の風裏へ避難
日本海の夕日綺麗です

e0007544_7574547.jpg



日が落ちてくると同時に風もおさまってきました

さっそく夜間航行灯をつけて、ポイントへ向かいます
先にアカイカポイントの詳しいK丸さんが外海を目指します

真っ暗な海をひたすら走ると、乗合船もあちこちあかりを照らしながら浮かんでます
皆さんアカイカ船でしょうか?

やっとポイントに到着
先についてるK丸さん、まだ釣れてないとのこと
そのまま近くを見様見真似で流してもらう

今回は初のメタルスッテでのイカ釣り
いつものイカ釣りとは違って仕掛けがシンプルなので不器用な自分には合ってます
スッテは上越の上州屋さんで途中寄り道して買ってみた
船長もヒチツスッテでのイカ釣りは初めてとのこと
ネットで仕掛けを調べて浮きスッテも用意してメタルに上に装着

誘い方がよくわからない
竿はヒトツテンヤ竿を代用してみた
テンヤと重さは変わらないので、誘い方も落としては誘い上げを試してみた
魚探には水深20Mより上に反応があるとのこと
そのあたりを流しながら繰り返し誘うと、そのうち、ズンと重いあたり
お。。。これか・・・
あまり合わすぎてもダメとどこかに書いてあったのを思い出し、あまり強く合わせず
ちょっと早めに巻き上げてみると、竿が大きくしなる
初の夜アカイカとご対面
めっちゃ嬉しい

なんとなくコツがわかたので、同じように何度か誘ってみると、連チャンで当たってくる
ちょうど潮の流れとボートの位置と棚が合ったようです
船長ありがとう

そんなこんなで数杯釣ってみると型もまあまあのサイズですが、ものすごい墨をはかれて
船内のお掃除が大変なので、夜中12時を回った時点で終了
操船に忙しかった船長も何とか顔を見れたようで良かったです

帰りは、火力発電所の灯を眺めながらの帰港です

e0007544_82515.jpg



e0007544_823778.jpg



暗闇に浮かび上がる夜の発電所はほんとに幻想的
都会の工業地帯の灯とはまたちょっと違う気がする

帰宅して数えたらツ抜けにはならなかたけど、良い型が9杯釣れてました

e0007544_832285.jpg



胴の部分だけでも30センチくらいのが数杯
あとは小さいけど相模湾のマルイカみたいででこれはこれで美味しい
なんのレクチャーもなしになんとかこれだけ釣ったのでよしとします
アジはちょっと今回小ぶりですが、丁寧に捌いてイカと一緒にお刺身で

e0007544_835854.jpg



そしていつもの酒屋さんでジャストミートなお酒を見つけてしまった
大好きな尾瀬雪の辛口
e0007544_8112432.jpg


本来はまったり甘口が多い尾瀬雪シリーズですが
今回はラベルに飛びついてしまいました

e0007544_85325.jpg


よく読むと、今日の自分のために待っててくれたかのようで、嬉しくなってしまいました
お味はいつもの尾瀬雪とは違うスッキリ感が強いけど、それほど辛くない
ほんとに美味しいお酒です
ヒトツスッテとこのお酒にはハマリそうです
[PR]

# by kono0202 | 2016-08-08 08:05 | アウトドア

イサキの季節

夏限定で釣りたい釣りもののひとつにイサキがあります
昨シーズン、南房総で同じ時期に良い思いをしたので、千葉へ行きたかったのですが
仕事が忙しく週末は連チャンで潰れてしまい、やっと取れた平日代休を利用しての日帰り釣行
翌日もハードな仕事を控えていたのもあって、さすがに南房までは行く気になれず
近くでできそうな船宿を探してみたら、数年前に乗った一之瀬丸を思い出した
あの時もそんなに釣れた記憶が無く、ウリボウサイズがツ抜けできたかどうかの釣果だったかなと過去ログを探してみたらそのとおりでした(笑)

久しぶりの剣崎イサキ
アジは抜群と言われてるので、楽しみにしながら船宿へ向かう
久しぶりで、ちょっと手続きに戸惑う
好きな釣り座のプレート取り忘れて乗船
タックル船に置いてプレート取りに行くというハプニング
初めてではないにしても3年もたつと全く忘れてしまってる自分
ちなみにこういうスタイルの船宿さんには最近行ってないというのもあるかもしれない

乗船してみると、平日なのに思いのほかお客さんが多い
そんなに大きな船ではないのに片舷 に10名は乗ってます
平日とはいっても金曜日はすでに週末の部類なのでしょうか・・・


でも都会はこんなものかもしれないです
ましてや数日前までかなり釣れてた情報を見て、みんな来てるようで
隣りの釣り座の方と話していたら、数日前にも乗ってかなり釣れた話をされてた
この日はやはり仕事を休んできたとおっしゃる(笑)

e0007544_7134863.jpg




今日も釣れるといいですねと話しながら出航
湾奥からなので、ポイントまでは40~50分ほどかかる

お天気は曇りから徐々に晴れてきて暑くなってきた
それでも海上は風があるので気持ちいい

e0007544_7143330.jpg




釣り方を思い出しながらいざ実釣
手巻きリールも買い替えたばかりです
ハンドルが握りやすくてFL60号のビシも難なく上げ下げできる

船長の支持棚を狙ってあげたり下げたりとポイントを探るもなかなか当たらない
前半、これはボウズの終わるのか?と思うくらい当たらない
もちろん皆さん同じで、集まってる他の船も魚の姿が全く見えない
しかも仕掛け落とすたびにオマツリ、オマツリの連続
魚がかかる前にオマツリの回数の方が断然多い
やはり詰め込み過ぎでしょ・・・
2~3座向こうの仕掛けと落とした途端にオマツリ・・・

そして、これだけお客さんが乗ってるのに中乗りさんは一人もいない
オマツリほどくのに時間がかかる
仕方ないので仕掛けを何本も切って、最終的には4セット8本ほどの仕掛けを消費した計算

こなるともう諦めの境地
そんな感じでほぼ半日が過ぎたころ、やっと潮目が変わったのか。アタリが出始め
船内少しにぎやかに
私もうまく棚取りができ、何とか釣れ始めた

良かった・・・ボウズじゃなくて(笑)

そんなこんなでやっと5匹釣って終了
かなり渋い一日でしたが
これも勉強と思って、次回の釣行に役立てましょう
チビもいるけどなんとか30センチくらいのもいます

e0007544_7172074.jpg




3時終了
お天気はすでにピーカンで暑い
帰りは少しうねりも出てきてましたが、東京湾の見慣れた景色を後にします
途中デッキでお昼寝
帰りの運転のためにはこの睡眠が大事だったりします(笑)

e0007544_7233632.jpg




帰りはヘトヘトになりながら帰宅
もうキッチンに立つ元気もないので、いつものマスターのところへ立ち寄り全部捌いていただいた
たまたま居合わせた顔見知りの常連さんにも食べて頂き喜んでもらえたのでそれはそれれで良かった
これで数釣れてたら、夜なべになってしまうところでした(笑)

e0007544_7182321.jpg


e0007544_7183760.jpg
[PR]

# by kono0202 | 2016-06-14 07:19 | アウトドア

真鱈リベンジ

4月の真鱈釣り撃沈のリベンジに、上越へ行ってきました
前回の教訓をふまえ、エサの仕込みから念入りに
ボート釣りなので激安バーゲンのサンマを15匹も買い込み、前回知り合ったベテランの大先生の教えを守って準備
前回教えていただいたポイントへ船長と向かいます

到着して仕掛け落とす
水深は200m前後
ポイントを何度か流しなおしてもらうと間もなく、大きなアタリ
青物とはまったく違った感触ですが、とにかく重い
電動リールがうなります

やっと水面に顔を出した本命真鱈くん♪
ちょっと顔が怖い(笑)
測ってみたら、7キロほど

e0007544_8342140.jpg



船長も後を追って真鱈の多点掛け
相当な重さになったと思いますが、何とか取り込み
その後、自分も船長もさらに大きな真鱈を釣り上げ、当然35Lクーラーに入らないので真鱈は終了しました

e0007544_834532.jpg




真鱈リベンジを果たし、その後は今釣れてるという真鯛ねらいに変更
ヒトツテンヤとコマセ仕掛けの両方で試してみた
するとコマセにまずクロダイ
まあまあのサイズです

e0007544_8353557.jpg



そしてヒトツテンヤにマダイ
これもまあまあのサイズ

e0007544_8355256.jpg




今回は順調です

さらにイナダを追加

真鯛の合間に大きなショウサイフグが数匹釣れる
かなりいいサイズなのに持ち帰れないって・・・
湾フグ釣りだったらほんとにうれしいサイズなのに・・・(笑)
当然全てリリース
まじめにフグの資格が欲しいと思った瞬間でした

日の出から日の入りまで、たっぷり12時間の釣り
釣りをしていると一日があっという間に終わってしまいます
集まってきている日ごろお会いできないボートのお仲間たちといろんな話が尽きない
これも楽しい時間
真鱈の先生にもご挨拶して、浜を後にします

e0007544_839455.jpg




帰宅して、真鱈は今回こぶ〆にしてみました
余分な水分が抜け旨みが凝縮されて美味しくなりました

e0007544_8363634.jpg


とりあえず、今年のミッションはひとつクリアしたかな^^
[PR]

# by kono0202 | 2016-05-31 08:41 | アウトドア

湾フグ教室

お友達のYちゃんに誘っていただいて、初めて東京湾の湾フグ教室に参加してきました
インストラクターは去年女性のカワハギ教室でもお世話になった林良一先生
今回もカワハギ同様テクニカルな釣りらしいカットウ仕掛けでのフグ釣りです

e0007544_7294192.jpg




船宿さんはこれも初めての羽田にある「えさ政丸」さん
船宿までは湾奥なのでかなり近く、運転は楽です
誘ってくれたYちゃんを関越自動車道のSAでピックアップしながら向かいます

フグ釣りは何年か前に外房大原でやって以来ですので釣り方もすっかり忘れて、まるっきりの初心者です

e0007544_7305568.jpg


受付を済まし乗船すると、林先生のレクチャーが始まります
ここでフグ釣りの基本を頭に叩き込んでいざ出船

実はフグ用タックルは持っていないので、お言葉に甘えてYちゃんの竿を貸していただきました
さらに、仕掛けまで手作りのものを譲っていただき、ほんとに助かります
実は地元の某釣り具店にはフグ竿もたった1本、仕掛けも外房用の錘の重いものしかなく
まったく用意ができませんでした
海なし県の悲しいところです

手作りの仕掛けは林先生直伝のちらし針を付けたカットウ仕掛け
女子力満載の袋に綺麗にセットされた仕掛け
ビーズも綺麗です

e0007544_7321634.jpg




e0007544_7333286.jpg



e0007544_733542.jpg




そしていざ出船
初めてみる海の景色
東京湾ではよく釣りをしてますけどまだまだ見たことない景色
羽田空港を左手に見ながら富津方面に向かいます
滑走路を海から見るのも初めてかもしれません

e0007544_734161.jpg



ポイントに着くと海は凪
初心者には釣りやすいお天気

レクチャーどおりに竿を出します
あたりがわかるようにフグ竿は先調子ですが、カワハギ竿では固すぎ、マルイカ竿では柔らかすぎて
ダメらしいです
穂先のアタリに集中しなければ釣れません
なんだか激渋のワカサギ釣りに似てる(笑)

そんな中、隣のYちゃんが立て続けに2匹ゲット
うわ~さすが、3度目ともあって幸先いい感じです
自分はぜんぜん釣れません

午前中のやっと1匹
その後間をあけて2匹
午後も後半になって潮が少し流れたのか、船中もにぎやかになってきた中なんとか2匹追加
自分の腕はまだまだですが、それ以上に厳しい1日だったようです
この日の竿頭はオオトモでやっていた方の8匹でした

4匹のうち1匹はちょっとサイズが良かったのでラッキー
白子も4分の3の確率で入ってくれてました
季節限定の大きな白子

この日、実はほんとに釣るのに必死で、生きてるフグ画像をひとつも撮ってなかったことに後で気づきました
気づいた時には船の上で捌いていただいた後でした
フグは捌いたものを持ち帰れるのでほんとに後が楽です

e0007544_7373983.jpg



e0007544_738095.jpg



e0007544_738193.jpg

帰宅して、久しぶりのフグに舌鼓
こんな時はやっぱり日本酒ですね
群馬の地酒結人で・・・

湾フグ釣り、ちょっとハマリそうです
[PR]

# by kono0202 | 2016-05-17 07:38 | アウトドア

真鱈釣り

今年のGWは間の平日もお休みをいただき、世間でいうラッキーな10連休となりました
これだけ休みが長いと、何していいのかわからないくらいです

家族の予定など調整しながら合間に釣りを計画してみます
GW前半は久しぶりの日本海へ
釣り友のH野さんに日程を合わせ、ボートにてゲスト釣行してきました
この時期の上越地方は海からの山の残雪の風景がとても幻想的で綺麗です

e0007544_936182.jpg




狙いは初めての真鱈
ぜひとも釣ってみたい魚でした
H野さんはすでに今シーズン何匹も上げられているので、ぜひに自分たちもと
ご指導いただきご一緒していただきました

e0007544_9365114.jpg




H野さんの師匠と呼ばれる某社長さんも釣行
この方はもうベテランです

e0007544_9372137.jpg




先に沖へ出られたH野さんが連続で真鱈を上げられてる
ものすごく重く大変そうでしたが、大きな真鱈数匹上げられご満悦です
1m近い魚なので、当然大きなクーラーでも数匹しか入らず
結局、真鱈がなかなか当たらない自分たちのボートに1匹おすそ分けしていただく(笑)

そんな中、真鱈の上を魚影が走る
船長がジグを投げると、すぐさま大きなアタリ
上げてみると大きなワラサ
太平洋では一日船で走りまわってボウズの日もあったのに、イレグイといってもいいくらいの反応です

早速私も真鱈を一旦中止し、ワラサの餌仕掛けを落としてみると、すぐさまあたる
ほんとにおもしろいくらい
できたら何本も釣りたいところですが、35Lのクーラーでは2本が限界
仕方なく1本キープして、真鱈に戻る
しかし、やはり真鱈はなかなか当たらず
飽きてしまうので、乗っ込み中の真鯛に切り替え

先日のヒトツテンヤで味をしめていましたが、ここでは潮が早くでテンヤは底ががとれず
コマセに切り替えて待つこと数十分

ガクガクっと真鯛のアタリが
ワクワクしながら上げてみると、飯岡のヒトツテンヤでは上げられなかったサイズ
かなり嬉しい
その後、もう一回当たりがあったものの、上げてる途中でバラシ・・・悔しい

e0007544_93959100.jpg




途中船中、カレイやソイが釣れ美味しいおみやげキープ

e0007544_9404255.jpg


帰宅して頂いた真鱈で煮つけ
フワフワの白身で美味しい
あとは鍋や唐揚げ用に切り身にして保存
次回新潟は必ず真鱈をリベンジしたいです

帰ってからご近所でお呼ばれしたピザパーティーへは真鯛1匹分のカルパッチョを大皿でおすそ分けできました
画像は自分で撮るの忘れ、FBで上げられたお友達の画像をお借りしました
e0007544_1015920.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-05-05 09:53 | アウトドア

春の真鯛釣り

お正月以来のヒチツテンヤ真鯛釣りに出かけてきました
場所はいつもの飯岡
女性のお財布に優しい船宿さんが集まってます
3時間かけて行くだけのことはあります

今回もちょっと楽な午後船です
高速が渋滞する前にと朝5時には家を出ました
首都高は通らず、外環道経由の常磐道へ入るのが前回も楽でしたので
そのコースで行ってみましたが、この日は常磐道とのジャンクションですでに2キロほどの渋滞が始まってました

あと30分早く出ればよかったなと後悔
でも渋滞はその2キロだけで、その後の圏央道、東関道ともにすいすいと行けました
飯岡は東関道降りてからが遠い
すこしでも早くとわけのわからない有料道路に200円も払いました(笑)
あの有料道路は絶対料金所を回避できるはずと思うのですが、ここで道に迷って時間ロスするのも嫌なので、いつも200円を払ってしまいます

そして現地着と思いましたが、実は買ったばかりの携帯の指紋認証に失敗
パスコードも控えてなかったので、携帯が全く使えないので、とりあえずドコモショップ旭店に立ち寄って相談
すると、これはもう初期化するしかないですけどどうしますか?と言われる
グーグルアカウントのメモをもってきてないので、諦め、帰ってから契約したショップへ行くことにしました
幸い、仕事用の携帯があるので、緊急の時は事足りるとして、船宿へ向かいました
すでにお仲間は集まっていて、到着するや否や、早めの出船となりました

いつもの梅花丸さんは数日前にすでに予約が満席になってたそうで、今回は三次郎丸さんへ
空いてていい感じです
ヒトツテンヤはうっかりするとオマツリしてしまうので、このくらいが助かります
左舷はお仲間がミヨシ寄りに集まりオオトモに知らないおじさん一人
なので私の番号は胴の中ほどでしたが少し後ろへずれます
e0007544_714492.jpg




お天気は晴れて気持いい
寒くもなく、暑くもなく、ほんとに良い季節です
e0007544_7143247.jpg




ポイントへ着いて、はいどうぞ初めてくださいと合図

今回はなんとかボウズは逃れたい一心で
船長がサービスで下さった誘導テンヤでやってみることに
午前もこれで釣れたという言葉を信じて
実は誘導は初めて使うので使い方がよくわからず、船長に指導していただきました

そして釣り始めてアタリが出始め、飽きない程度にマダイ、ハナダイを吊り上げることができました
かつてヒチツテンヤでこれだけ釣れたのは初めてかも

嬉しくて写真をパチリ
夕方5時半沖上がり
e0007544_7152054.jpg




回りのお仲間も皆さん釣れてて、竿頭は10枚以上
その他外道もホウボウやカサゴなども釣れていました
そして私は唐揚げサイズのヒラメをゲット
今回の誘導テンヤ
バラした後、どうやって保管するのかな?
e0007544_7162049.jpg




夜は茂原のお仲間ご夫婦のお宅へ寄せていただき反省会
ここでも釣りの話で盛り上がります

翌日早めに帰宅しておすそ分け
日曜の夜はこんな感じで晩酌です
e0007544_7165076.jpg

春のヒトツテンヤ、釣れると楽しいですね
型は小ぶりですが、捌きやすくお味もGOODでした。
[PR]

# by kono0202 | 2016-04-25 07:16 | アウトドア

カマス釣り

初めてカマス釣りの船に乗ってきました
いろいろ釣り方はあるのでしょうけど、今回は引っ掛け釣りという釣り方
釣るのではなく引っ掛けて獲るといったほうが正しいのかもしれない

今年の初めに泳がせブリの餌釣りにやはり引っ掛けでカマスを釣った経験があるので、正確には初めてではないのですが
純粋にカマスだけを狙う船に乗るのは初めて
船宿さんはおなじみの沖ヱ門丸さん
実は3連休初日に乗る予定でしたが、悪天候が予想されていたので
乗るの見送り、海老名の山ちゃん企画の飲み会のみに参加
厚木のみぃ丸亭へお邪魔して、久しぶりにお仲間と楽しいお酒でした
釣り仲間がよく集まるこのお店はいつも釣りたてのお魚がメニューに上がります

e0007544_1721189.jpg



入手ルートは私にはよくわかりませんが
オーナーのみぃちゃんはご自身でもよくキンメを釣られるようです

e0007544_172468.jpg



お店の入口
海がテーマな素敵なお店です

夜は厚木の健康ランドでお風呂いただいて仮眠です

翌日茅ヶ崎へ
群馬の自宅から向かうのに比べたらずっと楽です
厚木から沖ヱ門までたったの15分ですから
本当はお天気良いはずなのに朝から雨模様
この日の防寒ウエアは一応防水ですが、あくまで波対策程度の防水であって、完全防水ではないのは
自分が一番よく知ってるので、仕方なくコンビニでビニール合羽購入
これで完全防水です

お客さんは3連休中日とあって混んでますが、カマス船はそんなにいっぱいというほどでもなく
ほどよい感じ
お手伝いの中乗りさんも3名くらい乗船
皆さん釣りしながらのお手伝いのようですが、今回私単独でしたので、いろいろと大変お世話になりました

e0007544_1734958.jpg



出航してしばらくは雨が降っていましたが、2時間ほどで完全に止んでくれてよかった

初めての引っ掛けカマス
仕掛けは船宿さんオリジナルのカットウ針の付いたもの

ポイントにつくまでに釣り方を中乗りさんにレクチャーしていただく
常連さんも数名乗っていて、カマスの料理の話で盛り上がったりしました
皆さん、実はアジよりカマスが好きらしい(笑)

そしていざ実釣
150号の錘で水深100~200の間を探ります
船長の支持棚は30~40mの間です
棚の一番底まで仕掛けを落とし込み、落とすや否やすぐに電動最速で巻き上げ開始
支持棚の一番上まで巻き上げまた、落とし込むの繰り返し
はっきり言って誘いとか待ちの時間はありませんので、電動リールは鳴りっぱなしです(笑)

カマスがかかるタイミングは落とし込む時らしい
落としこんでる途中でふっとラインが止まって落ちなくなる瞬間に合わせる
かかった思ったら今度は15くらいのスピードで巻き上げです
もうこのときはすでにガッシリかかってるので、姿が海面に見えるまでは安心ですが
取り込みで気を付けないと船べりでバラシたりします
何せ返しのない針なのでスルっと抜ける可能性もありです
うまくかかるとこんな感じ
e0007544_175243.jpg



私も今回1度バラシ悔しい思いしました

前半11時頃までは群れが薄かったようで、しかも棚が深い
朝は170~200mほどまで下がってました
かなり釣りずらいというか、なかなか針にかかってくれません

けど、お昼近くなると棚が少しずつ上がってきて100m近くになると、かかりも良くなります
群れが厚くなったのでしょうか?
カマスの習性はよくわかりませんが、落とせばかかる入れ食いタイムもあり
とっても面白かったです
クーラーもにぎやかになってきました

e0007544_1754586.jpg




最終的に20に手が届かず19匹で終了でしたが、初めての釣りとしては満足できたと思います
何より美味しいカマスはお友達へおすそ分けしたり
行きつけの居酒屋さんに持ち込んで、常連さんにも食べていただき、最後まで楽しい釣りとなりました
今シーズンもう一回くらい行きたいなと思います
e0007544_1761823.jpg

沖ヱ門丸さんに撮っていただきました
[PR]

# by kono0202 | 2016-03-21 17:09

エビメバル

先日、初めてエビメバル行ってきました
生きた川エビを針に付けて釣るメバル釣りです
船宿さんも初めて
湾奥船橋からの出船でした
船宿さんまでは川崎よりさらに近い気がするので、朝は楽です
しかしながら、ポイントまではやはり1時間ほどかかります

e0007544_7482128.jpg



船宿さんの受付は水路のようなところですが車が横付けできるので楽ちんです
湾奥ならではのたたずまいでしょうか?
初めてなのでほかの船宿さんはよくわかりませんが・・・
ここから小さな船にまず乗って、水門をくぐって少し広い湾内へ向かいます
そこには大きな船が待っているので、乗り移ります

e0007544_7485973.jpg



あとはのんびり1時間の船旅
ディズニーシーを右手に見ながらポイントへ向かいます
途中アクアラインもくぐってさらに進みますがメバルのポイントは
本当に岸に近いところですね

e0007544_7501850.jpg



エサは透き通った小さな生きエビ
かわいいです
川エビなので死んで白くなったら即交換です
案外忙しい(笑)

この日は寒の戻りがあり、お天気もどんよりな一日でしたが
風は無くまあまあの釣り日和でしたが、水温が下がったせいか
メバルがなかなか釣れません

カサゴ2匹ゲットしたところで。おみやげのイシモチ釣りのポイントへ移動
イシモチの方がけっこう釣れるので、それはそれでおもしろい
アジの外道でしか釣ったことがないので、胴付き仕掛けで狙って誘うのもこれはこれで楽しい
しばらくイシモチをやった後、再びメバルポイントへ

e0007544_75165.jpg



この後、やっとそこそこのサイズのメバルを釣ることができました
結局その1匹のみでこの日は終了
もう少し釣りたかったけど、初めてのエビメバルでしたので、よしとします

女子半額の船宿さんなので、また近いうちお邪魔したいなと思います

今回はイシモチメインになってしまったけど、好きな魚なので全然OK
お刺身で食べられるように血抜きもしておいたので、美味しくいただきました
あぶりにも挑戦
残りは小さめでしたので、全部おろして、天ぷら用に保存
イシモチの天ぷらもふわふわでほんとに美味しかったです
e0007544_7514197.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-03-18 07:52 | アウトドア

泳がせリベンジ

今年2度目の泳がせブリ狙いに行ってきました
前回泳がせの餌はカマスでした
今回も本命がダメでもカマスのおみやげを期待して参加
しかし、今カマスはか200m以上の深場に行ってしまっていて、エサとして釣るにはダメとのことで
アジの泳がせとなりました
アジは先日走水で感が戻ってるので、気持ち的には楽です

大磯の港へ6時到着
集合時間前にみなさんすでに準備が始まってる
お友達のMちゃんもすでに到着
癒し系Mちゃんと一緒に釣りができるのは久しぶりなので楽しみな一日です


到着して船長さんにご挨拶
いつもの常連さんとともにいざ出航
出航するやいなやいろんな話で盛り上がるところが常連さんの貸し切りの楽しいところです

e0007544_922681.jpg



e0007544_925462.jpg




今回もアジタックルと泳がせの2本出し
アジビシは船で貸していただきます
水深100mです
しかし、アジは小ぶりなのでアタリをとるのが大変
それでもエサのアジはすぐに釣れました
早速泳がせの仕掛けに付けて落とします

e0007544_93226.jpg


底から4Mほど上げたところで待ちます
ブリ、ワラサが本命ですが、願わくば大きなヒラメも・・・

するとほどなく竿先は刺さる
けど、刺さり方が小刻み
これはヒラメかもしれないとしばらく食い込むのを待ってみる
けどなかなか小刻みな動きは止まらない
しばらくしてそろそろ大丈夫かなと大きく合わせてた瞬間、竿先がふと軽くなる
残念
すっぽ抜けた感じでした

気を取り直しアジを付け直して待ちます

とにかく待ちの釣りですが
アジ釣りも好きなので、飽きません

そしてすっかり日も昇ります
フィッシャリーナからマイボートを出すと聞いていたK丸さん、
いないかな?とあたりを見回しますが見えませんでした
早朝厚木PAでボートを見かけました

e0007544_94091.jpg




もう景色は春霞で富士山もぼんやりしてます
昼頃には上着を脱ぐほどの暖かさでした

景色に癒されてると突然再び自分の竿は海面に向かって刺さりはじめました
かなり強い引き
かなりのファイトです
とりあえず少し待って竿をもって上げてみるがラインがなかなか巻けない
こんなのは初めて
電動のスイッチをお仲間に入れてもらい少しずつ寄せてみた
100m近く出てるので気が遠くなる重さ
それもそのはず
同じ右舷で釣ってた皆さんのアジの仕掛けを全部巻き込んでしまいました
重たいビシを何個か引っ掛けてるので、さらに重い

やっと水面に何かが見えてくる
まずは団子になったライン・・・
わ~ごめんなさい
でも皆さんニコニコしながら、頑張れと応援してくださる
そしてやっと本命のブリが上がってきます
ワラササイズかもしれないけど、気持ちはもうブリブリです
タモでなんとかキャッチしていただきめでたくゲットできました
もうこれで思い残すことはないくらいな達成感です
この日船中6人で釣れたのは私だけでした
ほんとに運が良かったです
船長や同船した皆さんのおかげです

e0007544_97084.jpg



そしてやっと35Lのクーラーが役にたったようです
少し尻尾が出てしまいますが、何とか押し込んでみた
おみやげに今回はたたみイワシ
これも美味しいんですよね
e0007544_982711.jpg



定番の晩酌
e0007544_974226.jpg

これだから釣りはやめられないですね
[PR]

# by kono0202 | 2016-03-01 09:08 | アウトドア

癒しのアジ釣り

久しぶりに美味しいアジが食べたくて走水へ行ってきました
悪天候の予報の週末でしたが、ボートが中止になったものあって
何とか午前船に掛けてみようということに

船宿さんで手続きをして、乗船
思ったよりお天気は良い
海も凪です

e0007544_8173571.jpg



e0007544_8175947.jpg



気分よくしてポイントに到着
推進70mで釣り開始です

というか今回ほずっとこのポイント(笑)

今回お客さんは自分含め4名
コマセが効くまではあたりもなく静かでしたが
30分ほどで徐々にあたりがではじめ、やっと良いペース
・・・と思ったのもつかの間、一時入れ食い状態もあったのすが、途中イシモチに遊んでもらい
サバにも遊ばれ(笑)
結果アジは10匹で終了
型は大きいので自家消費するにはちょうどいい量なのですが
欲をいえばあと10匹ほど欲しかったです

e0007544_8185645.jpg



帰りは久しぶりに日帰り湯「のぼり雲」

まずはお昼に限定メニューの横須賀名物?「なるしおカレー」
e0007544_8211115.jpg




そして、のんびり温泉に浸かって、お座敷で1時間ほどお昼寝
なんか良いペースです(笑)

帰りは渋滞もなく、疲れも感じず・・・
こんなのんびりな半日船もたまにいはいいですよね

まずはアジのお刺身
イシモチはムニエルに
翌日もアジは続きます
タタキに、ちょっとシマリすぎたシメサバ(笑)
シマリすぎでも自家製はやっぱり美味しいですよね

e0007544_8221979.jpg


e0007544_8223947.jpg

たまにはこんな基本に返る釣りも癒されます
[PR]

# by kono0202 | 2016-02-23 08:19 | アウトドア

赤城大沼再び

先週末、氷上ワカサギにひとりカタツムリで初挑戦してきましたが
楽しかったので再び祭日を利用してチャレンジしてきました

今回は重役出勤ではなく、みなさんの出発に合わせて、途中N師匠にピックアップしていただきながら何とか暗いうちにバンディー塩原さんへ到着しました
赤城大沼への雪道は圧雪されてる上凍っているので、数台の車が立ち往生
なんとお仲間の車もその中にいらっしゃったようで、声かけあってなんとか皆さん
登ることができ、揃って氷上へ向かうことができました

e0007544_10545945.jpg



用意してポイントへ向かう頃には薄明るくなってきました
用意したランタンは必要なかったですね
今回もバンディーさんで一人用カタツムリをレンタルです

ポイントではすでにたくさんの釣り人たちが釣りはじめてます

師匠に穴を空けていただきカタツムリセットして、ようやく釣り開始
私の場合、最低30分はかかります
最近腰痛もあるので、今回はヘラ椅子はやめて折り畳みのコンパクトチエアでやることに
景色は最高です

e0007544_10563345.jpg



開始は遅れましたがなんとか群れが入ってきて10時頃まではパタパタと釣れます

風は冷たいですが、お天気は最高で、この景色を見ていたくて、お昼頃は暑いのもあって
カタツムリを開いた状態の時間もおのずと増えますね
カタツムリ座った状態でのバンディー方面の景色
照り返しの日焼けが気になりますが気持いい時間です
お父さんとワカサギを楽しむお子さんもたくさんいました

e0007544_10582150.jpg




お昼は立ち入り禁止が解除されたリンク脇を突っ切ってバンディーさんへ戻り
おすすめのお切込み鍋で温まります

e0007544_10592660.jpg



お店の片隅にはお雛様が飾られていて、春の気配
もうそんな季節なんですね
e0007544_110551.jpg




一息しながら中間反省会
その後また歩いてポイントへ向かいます
e0007544_111590.jpg




その後午後はなぜか群れもなかなか通らず、皆さんあちこち移動はじめます
私は自分で穴もあけられないので、同じ場所で頑張りましたが
やはり午後は時速1匹にもならないくらい渋くなってしまいました
3時半には終了です
e0007544_1131495.jpg



結局前回より少なかったです
でも酒の肴には十分
持ち帰ったワカサギ、今回はそこそこの型でないとできないフリッターにしてみました
そしてこの日、蔵元さんで仕入れてきた尾瀬雪、やっぱり美味しい
e0007544_116012.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-02-14 11:06 | アウトドア

赤城山 大沼

久しぶりの更新になってしまいました

ここ1か月の間、駿河湾へ釣りに行ったり、一大イベント、フィッシングショーへも行ってきましたがなかなかゆっくりPCに向かう時間がないです

週末は今年2度目のワカサギ釣りに行ってきました
しかも氷上
冬の風物詩のようなものですが、今年はなかなか大沼が氷結しないということで
穴釣りファンをヤキモキさせていましたが、やっと全面氷結し2月2日に解禁しました

今まで敷居が高いと思っていた氷上ですが、今年は思い切って挑戦してきました

ワカサギメインの皆さんはカタツムリやその他氷上用のツールはしっかり日頃から準備されてますが
私はカタツムリさえ持っていませんので、湖畔のバンディー塩原さんでレンタルしました

朝の大沼の風景をパノラマで
e0007544_2111656.jpg




穏やかな一日で、氷上初心者の私にはほんとに有り難かったです

穴はお仲間のKさんにドリルで空けていただきなんとかカタツムリその他一式セッティング
ほぼ初と言っていい氷上ですが、魚探をセットし画面を見るとなんだかワクワクしてきます

よく氷上は寒いでしょって言われますが、カタツムリの中はポカポカで、昼頃になると、暑いくらいです
中は狭いですが、その小さなスペースで釣りをしたりお茶飲んだり
居眠りもできちゃいます(笑)
初のセッティングでまだ足りないものもありますが、何とか釣りになりました
e0007544_2174366.jpg



今回もアルポットが重宝します

重役出勤でしたので釣りはじめは8時ころ
はじめはパタパタと釣れます
あたりが大きいのでおもしろいです

けどお昼近くになるとなかなかあたらない
魚探も真っ白
けど、風もなく良いお天気でしたので、カタツムリを開けると素晴らしい景色

e0007544_2184777.jpg



この景色に癒されます

その後群れは1時間に1度くるかどうか

そして釣果は・・・(笑)
e0007544_2202833.jpg


でも型は大きいです

せっかくなので帰りはいつもの居酒屋さんへ
美味しいお酒と自前のワカサギをフライにしていただきました
ほんとに美味しかったです
e0007544_2222866.jpg



そして、今回、ワカサギで初めて一夜干しにも挑戦してみました
翌日、塩水に数十分浸したものを日中数時間干し素焼きにしてみたら、またこれも絶品
赤城のワカサギには「赤城山生しぼり」がぴったりです
e0007544_2274758.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-02-08 02:28 | アウトドア

初ワカサギ釣り

寒さも厳しくなってきた1月の週末
最高のお天気の中、鳴沢湖へ今年初のワカサギ釣りに行ってきました
今シーズン2度目の鳴沢湖です

e0007544_933213.jpg




今回はボート桟橋にみなさんと陣取ります
師匠Nさんが前日に座ったところをうっかり譲っていただきました(笑)
朝から、ポツポツ釣れます
今回もHさん特製竿です
当たりがよくわかり、ほんとに釣りやすい竿です
いつも行く銭屋さんにHさんのプロマイドが貼ってありました
人気の竿のようです

e0007544_943488.jpg




寒くて時々ガイドが凍り、ラインが引っ掛かり手返しがいまいちです
冷たくなった指先を今回初登場のストーブで温めながら午前中でなんとか50匹くらい釣れました
ストーブも寒すぎて時々立ち消えしてしましますが、ないよりは全然良かった
暖かかったです

e0007544_953415.jpg




そして今回初登場にこれも
アルポットの出番です

e0007544_985485.jpg




まずはお湯を沸かします
桟橋で暖かいものはなかなかいただけないのでこれはほんとにや役にたちます
火元がポットの中なので安全です
そして思ったより早く沸騰します
インスタントですが暖かいコーヒーが冷えた体と指先に沁みてきます
ついでにNさんリクエストのこれ(笑)
100mlカップ見つけておいたのでちょうど良かったです

e0007544_91058.jpg




そうこうしているうちにお昼が過ぎ、休憩したら途端にあたりが悪くなりました
ボートは釣れてるのか気になるところです

e0007544_912392.jpg




ということで
午後は失速し、結果はこれで終了
目標の束超えならず
でも一日楽しく過ごせました

e0007544_9133451.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-01-18 09:14 | アウトドア

泳がせブリ

今回初めて泳がせのブリワラサ船に乗ることができました
釣り友のMちゃんに紹介していただいた方が大磯の常連さんということで
普段あまり乗ることができないシラス漁をされてる漁船に乗せてもらうことができました
夏は漁をされ、冬場は釣り船として沖へ出られてるとのことです
乗り合い船ほど大きくはありませんが、数人での仕立てのような状況でしたので
とっても贅沢な釣行となりました

早朝5時半港へ集合
大磯は初めてでしたので、右も左もわかりませんがなんとかナビでたどり着きました
今回案内してくださるMちゃんのお友達が港の入口でハザードつけて待っていてくださいました
そのまま港の一番奥の船の目の前の桟橋に駐車
ここからして特等席です(笑)
リアハッチから船べりまで数メートルです
荷物の積み込みも楽です
そのまま車置いて出港です
今回乗船人数はたった4名
なんだかとってもVIPな気分です

この日もお天気には恵まれ最高の釣り日和でした
船はまるで貸し切りのようです

e0007544_754440.jpg



e0007544_7543091.jpg




初のカマス泳がせということで竿はカマス用とブリワラサ用の2本出し
電動リールももう何年も使ってるシマノの1000番と去年買ったばかりで出番待ちの4000番が初登場
e0007544_7544780.jpg



ラークもちょうど大きいのを中古で譲ってもらったばかりで、今回はなんとかマイタックルで頑張ってみました
カマスも狙って釣るのは初めてなので、常連さんにご指導していただき
なんとかエサはゲットすることができました

エサのつけ方からご指導いただき30センチ近くあるカマスを海に放り込む
中にはサバも交じり、カマスとサバを途中入れ替えたりしてみましたが、なかなか本命当たらず

船内大きなヒラメが上がり、ちょっとテンション上がってきますが
その後アタリなし
船長さんともいろんな話ができて、勉強になります
操船室も間近に見ることができ、大きな魚探の画面にワラサやブリがどう映るのか
カマスの群れの反応など、見せてもらうことができました
特にソナーは初めて見るので興味深々です
船長も頑張ってブリを追いかけてくださいましたが、とうとう最後まで本命の顔を見ることはできませんでした

ただ今回エサのカマスは型もよく脂も乗っていて美味しいからと生け簀で泳いでいたのもしっかりキープ
ヒラメもいただいてきてしまいました

e0007544_7562599.jpg



e0007544_7563945.jpg



今シーズンまた必ずリベンジしたいし
こうなったらいつか大きなブリをヒットさせたいと夢はつのるばかりです

釣りの後は海老名の釣り友さんとみぃ丸亭で新年会
初釣りの反省も含めて今年の釣りの話で盛り上がります

e0007544_75723100.jpg



もちろんカマスもヒラメも捌いていただき、最高の宴となりました

e0007544_7574592.jpg



e0007544_758823.jpg


憧れの獺祭も今回いただくことができました
e0007544_7585039.jpg




今回沖あがりしてから船長さんからシラスの沖漬けをお土産にいただきました
自分は初めて食べるので、うれしくて帰宅してから改めてブリ用に用意してたお酒で一人反省会となりました
e0007544_802353.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-01-12 08:00 | アウトドア

新年

明けましておめでとうございます
早いもので、年が明けたと思ったら、もう今日から仕事はじめです

年末年始のお休みでは、みなさんあちこち釣り納めや釣りはじめをされ、楽しんでいらっしゃる情報が入ってきて気持が焦ります(笑)
お天気も気温が高めでアウトドア派には有り難いのですが
海の魚も戸惑っているのか、いつもの年とちょっと季節がずれているような気がしてます

年末の石鯛で本命ボウズを喰らい、頼みの駿河湾釣行も海に出られず空振りに終わった釣り納めでした

初詣は世良田の東照宮へ
今年も一年自分含め、家族や友達が健康で過ごせますように
そしてたくさん釣りに行けますようにと祈願してきました

e0007544_820219.jpg




そしてさっそく初釣りは、久しぶりのヒトツテンヤ真鯛
おそらく2年ぶりくらいでしょうか
千葉のお仲間に誘われて乗船してきました
梅花丸さん
かつては生き餌での船宿さんでしたが、今は冷凍ものということです
テクニカルな腕が問われる釣りとしては自分的には、カワハギやマルイカと同じで
そう簡単に釣れてくれないなと覚悟はしてました

船宿の建屋で受付後、港に向かいます
飯岡漁港の船着き場へ車を置いて歩いてすぐのところから船に乗れます

e0007544_8254787.jpg



船宿さんも今年初出船ということで、お年賀タオルなどいただき、みなさんと乗り込みます
今回真鯛船は2隻出し
左舷側ともから2番目となりました

e0007544_835738.jpg




出船して20分ほどでポイントへ到着
水深は20~25mほどと浅い
風はないものの、さすが外房だけあって冬はうねりがありますが、自分は船酔いゼロなので
特に問題なく釣り開始

すると30分ほどでなんとか今年初の真鯛1匹目を上げることができました
しかしその後が続きません
おおともの男性はポツポツ上げてます
真鯛のほかカサゴなどもいくつか上がってたようです

しかし自分のテンヤにはなかなか当たらず
誘い続けて少し疲れ、暑いくらいの陽気の中、おかみさんから手渡されたビールが美味しかったです

e0007544_8332114.jpg




結局お仲間も昼頃から上がりだしましたが、結果ボウズの方もいたりと新年早々、厳しい釣果となりました
おおともの男性は聞くところによると地元の方で、ヒトツテンヤはなかなかの腕前です

下船する際、あまりにさみしいクーラー(ちなみに今回も欲張って35Lを持参)を見て
常連さんが、お土産を入れてくださいました
ほんと有り難い
今回は縁起物と思って有り難くいただき、帰りにはほんの少しクーラーがにぎやかになりました
今年はこのクーラー満タンになるほど釣りたいものです
e0007544_838968.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2016-01-05 08:39 | アウトドア

石鯛五目

人生初の石鯛五目の仕立て船に乗ってきました
船は間口港の育丸さん

午前中は静かな海でした
ここ数日釣果があまりよくないとのことで
先にお土産を釣りに真鯛ポイントへ

e0007544_8441429.jpg




日の当たる右舷側ではぽつぽつ真鯛やイナダ、イサキなどが上がりますが
自分のいる日陰の左舷側はほとんどあたりもなく
1~2時間が過ぎます
しして自分にもやっとイナダが釣れました
そのまま真鯛ポイントから、石鯛ポイントへ移動
その頃には予報通り風と波が強くなり、あたりも取りづらい
80号のビシで誘いますがそれでも風で竿先があおられます

根気よく誘ってみましたが結局釣れたのは小さなイサキ1匹のみでした

この日の石鯛は船中数枚とかなり厳しい一日となりましたが、普段仲良くさせていただいているお仲間の仕立てなので、釣れなくてもいろんな意味で楽しい釣行となりました

この日は忘年会かねて2次会で、厚木のみぃまる亭へ
これも楽しみにしていましたので、さっと日帰り湯で潮抜きしてお店へ向かいます
女性の釣り師さんが経営する居酒屋さんならではのおいしいお料理がたくさん出てきました
今回幹事さんのよく知るお店なので、釣れた魚も捌いてくださりメニューとして出てきます
その日自分たちの船で釣れた魚でお酒が飲めるなんて最高です

e0007544_8491060.jpg



e0007544_8493259.jpg



e0007544_8495238.jpg



e0007544_8503380.jpg




そして翌日は自宅にて家のみ
自分で釣ったイナダをカルパッチョ風にしてみました
イサキは小さいので塩焼きに
e0007544_8511142.jpg



e0007544_8513451.jpg

酒屋さんには地元島岡酒造の初しぼりが出ていたので迷わず晩酌に
ちょっとアルコール度数がきつい18度ですが、しっかりした味です

石鯛はまたどこかでリベンジしなくては・・・
[PR]

# by kono0202 | 2015-12-21 08:51 | アウトドア

鳴沢湖2015

今期すでに4度目のワカサギ釣りに挑戦してきました
あまりご紹介できないくらい今期のワカサギ釣りは悲惨な釣果が続いてました
丹生湖、鮎川湖、そして鳴沢湖、どこもツ抜けすらできない状況でした
水温が高めに推移していたというのもあるのかもしれませんが、ベテランさんも手を焼くほどでした
ところが、ここ数日鳴沢湖では少し深場で釣果が上がってきてるという情報をを頼りに
倶楽部の皆さんと4度目のワカサギ釣行に行ってきました
前日の宴会もあり、朝一の釣行はちょっと難しく、今回は1時間遅れの重役出勤
日曜日とあって桟橋の先端(深場部分)はほぼ満席
それでも何とか最先端に入れていただくことができラッキーでした

お天気はあいにくの雨
予報は曇りだったのですが、朝から小雨模様

e0007544_051438.jpg



e0007544_022385.jpg




傘をさすほどでは無かったですが、防寒着の上に用心してアウトドア用の雨合羽を着込んでの参戦

私が到着して釣り始める頃にはすでに皆さん1束超えられていたようです^^;

相変わらずよくわからない魚探の反応(笑)
e0007544_09127.jpg



画面一面のノイズは一体何なのかいまだ不明
けど、このノイズも群れが入ると部分的に密度が濃くなり、色も変わります
そんな変化を見逃さなければ、何とかうまく棚を合わせることができます

今期はじめ譲ってきただいたH山氏特性穂先
なかなか使いこなすのは難しそうですが、当たりが取りやすく繊細な動きをします
何とか今回、やっとその良さが発揮できうな気配
e0007544_012168.jpg



e0007544_0141969.jpg

やっとカウンターの出番です(笑)
そうこうしているうちに1時間ほどで少し数がまとまってきました
生簀は今年も師匠のお下がりで頑張ります
e0007544_0271443.jpg

12時ごろには何とか1束になり、やとお昼のカップラーメンにありつけます

昼過ぎ頃には雨もほとんど止みあっというまに夕方
最終的には145匹となり自分としては頑張った1日でした(笑)

e0007544_0192990.jpg



ちなみにお師匠さんは4束超え
先輩方も2束3束と、今期の数を更新されてました
流石です
これから気温がもっと下がればもう少し群れが厚くなり楽しい桟橋釣りになるのではないかなと期待しています
良い報告ができますように・・・
夕方の鳴沢湖です
e0007544_0201848.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2015-12-14 00:20 | アウトドア

牡蠣三昧

ボート釣りを予定していた週末
生憎の海況で、直前で中止に
そこで以前からお誘いを受けていて、自分もぜひ行ってみたい、食べてみたいと思っていた牡蠣食べ放題のお店へ行ってきました
場所は横浜
集合時間は夕方なので熊谷から湘南新宿ラインに乗り込む

1時間半はかかるので、グリーン席へ
最近JR高崎線に乗る時は必ずグリーンです
プラス700~800円でゆったりできるのが良いです
右も左もわからない横浜駅に到着(笑)
実はドリンク持ち込みOKなプランですので、横浜駅地下街で、少々のお酒を仕入れ釣り友さんたちと地下街を迷いながら何とか合流
目的の「牡蠣○座」さんへ到着
幹事さんの釣り仲間が続々と集まる
中には船宿さんの船長さんもいらっしゃいます
船釣りを始めた頃お世話になった久比里の船長さんとも久しぶりにお会いできゆっくりお話ができました
とにかく牡蠣をお腹いっぱい食べることなど普段ないのでこの時とばかり、食べ過ぎてしまいました

今回の食べ放題メニュー
e0007544_8312327.jpg

まず目に飛び込んできた山盛りの牡蠣

e0007544_8154713.jpg


そして蒸し牡蠣
蓋をしてしばらく蒸すとふわっふわの牡蠣になります


e0007544_8371755.jpg


e0007544_8171012.jpg
生牡蠣も注文すると何皿でも持ってきてもらえます
これが止まらない(笑)
レモンとポン酢でいただきます



e0007544_834544.jpg

牡蠣フライも食べ放題


e0007544_8194292.jpg

シメの牡蠣飯
この頃になるともうお腹一杯なので、数人で一人前をシェアしました
飲み放題プランもあるようですが、持ち込みもOKな珍しいお店です
それぞれが好きなビールやお酒を持ち込み
お店ではちゃんと氷を入れたバケツまで用意してくれます
有難いですね
e0007544_8383062.jpg

本当に美味しい牡蠣でした
またすぐにでも行ってみたいお店です
[PR]

# by kono0202 | 2015-12-09 23:50 | 生活

東京湾のタチウオ

先日の3連休、1日目は家事をやっつけ、2日めは久しぶりにあの引きを楽しみたくて、タチウオ釣りに行ってきました
間際まで何を釣ろうか悩んでいたところ、蓮田のSちんも日曜日空いてるよ~とのことで
忙しい中、近場の船宿にしようと、一緒に川崎のつり幸さんへ
つり幸さんは予約なしでOKですが、早めに到着
けど、すでに受付は列をつくってました

e0007544_20522152.jpg




この日のタチウオ船は2隻出しとのこと
湾奥なので、ポイントまで50分ほどかかります
ポイントでは東京湾中のタチウオ船がすでに集まってます

e0007544_212788.jpg




この日はつりビジョンの取材の方が2名乗船
一人は動画も撮れるカメラ片手に、船内をうろうろ
もうひと方は、中乗りさん?と間違えるほど、あちこち動き回り
おまつりの仕掛けをほどいたりと忙しそうでした
そう、この日は満員のお客さんなのにもかかわらず、中乗りさんが乗ってなかったんです
人手不足でしょうか?
そんな日に限ってタチウオが初めてってグループも乗っていて、それはもう大変でした(笑)

水深100~150mの中深場
こんなに混んでてオマツリしないわけがありません

3回のうち1回はオマツリみたいな状況で何とかツ抜けることができました
途中、良い喰いの時間があったので忍先生の教えを破って(笑)思い切って2本針に
するとちゃんと2本の針に2本かかってくれました

e0007544_214733.jpg




でも、それもつかの間
またオマツリ・・・(笑)

この日ラインは1.5号
リールは電動フォースマスター
船宿さんの指示では2号ラインで錘60号
ラインが太くなると100号です
私ははじめ60号でしたが、オマツリで仕掛け、天秤、錘ともに2セットロスト(泣)
仕方なく最終的には手持ち錘80号で誘いをかけてみた
もう腕はパンパン(笑)

そんな中、つりビジョンの取材の方から、いろいろ話しかけられ
正直に群馬から来てますと話したら、それもネタになるらしく、いろいろ聞かれてしまいました(笑)

とりあえず釣果14本
この日の船の竿頭は27本でした

e0007544_20585036.jpg




外道で釣れたムツはラッキーでした
e0007544_21104953.jpg

[PR]

# by kono0202 | 2015-11-28 20:53 | アウトドア