信州の秘湯へ

季節はまだ初秋ですが、気持ちのいいトレッキングをしてきました
歩いてしかたどり着けない温泉、湯俣温泉へ行ってきました
今回は山を始めた頃からの古いお仲間数人でのトレッキング
皆さん本格的な登山家になってしまいましたが、私の場合、今回は山は登らないということで安心してご一緒させていただくことに・・・^^;

私は山小屋利用でしたので荷物も少なめ
そうは言っても以前知り合いに譲っていただいた38Lのリュックを初登場させパッキング
自分の食料も全て持ち込みなのでけっこうな重さになっていましました

七倉というところから高瀬ダムの上までタクシーに乗り換え、
ダムから10キロほどの道のりをダム湖沿いに上流へ歩いていきます
まずは長いダムのトンネルを抜けます

e0007544_654115.jpg



登りがほとんどないのですが、ところどころにアップダウンが
それでも通常の山登りとは全く違う、ゆる~いトレッキングコース

e0007544_6545351.jpg



見上げる山々の頂きはそろそろ紅葉がはじまりつつあります

e0007544_7295160.jpg



ダム湖は残念ながら濁っていましたが
そこへ流れ込む高瀬川は本当に綺麗な水
コバルトブルーに透き通る川を覗き込むと魚が泳いでいます
渓流釣りをする人をちらほら見かけます

e0007544_656010.jpg



歩くこと2時間ほどで名無避難小屋

e0007544_6581288.jpg



ここからさらに1時間、目的の晴嵐荘さんが河原の向こう側に見えてきます

e0007544_659544.jpg



この吊り橋を渡ると到着

e0007544_701979.jpg

山小屋とは思えない綺麗な佇まいです

e0007544_722074.jpg



山でのお水は貴重ですが、ここは使い放題
有難いです

e0007544_73944.jpg



皆さんは小屋にに泊まらずテント泊
何日もかけて山を縦走する人たちですから、設営は慣れたものです
なんか、すごくいい感じです

e0007544_734249.jpg



私は今回贅沢に小屋泊にしていただきました

e0007544_761190.jpg

初めての山小屋に感動
他にもお客様は大勢いましたが、大きな10人部屋を一人で占領
有難いことです

小屋に到着後、午後からその上の噴湯丘方面へ
河原からはあちこち湯気が立ち込めています
自分たちで穴を掘ったり、川をせき止めたりして湯船を作るのですが
すでにあちこちに湯船の跡が
川を渡って向こう岸へ
皆さんが手直ししてくださった湯船でまったりと温泉三昧
もちろん登山道から丸見えですので、今年2度目の水着着用です
噴湯丘も立派です
何年もかけてこんなふうに出来上がるのでしょうね
e0007544_763947.jpg



夜はそれぞれ持ち寄った食材で鍋を作ったり、アルファ米を食べてみたりと楽しいひと時
もちろん皆さんのあの大きなリュックにはアルコールもたっぷりです
青嵐荘さんの内湯も湯の花の浮く硫黄泉です
ゆっくり浸かって一日の疲れを癒します

翌朝は展望台へ登ってみました
ほんの30分のコースですが200M以上を一気に直登
今回初の登山です(笑)
展望台からは槍ヶ岳や燕岳の頂上が見えます
とってもいい景色

e0007544_7845100.jpg



そして自分の影にちょっと感動したりして・・・

e0007544_79876.jpg

昨年の手白沢に続き、今回の湯俣
年に1~2度はこんな温泉トレッキングしたいなと思います
[PR]

by kono0202 | 2013-09-30 07:36 | アウトドア