ヒトツテンヤ真鯛

久しぶりに飯岡へ行ってきました
かれこれテンヤの真鯛釣りも4度目になります

飯岡の清勝丸さんは2度目
なぜか外房の午前船は出船が早い
集合が4時半
これに間に合うように行くには前日仕事だったりすると、ほとんど寝る時間がありません
それでも行きたいのです
午後船という手もあるのですが
移動時間が明るくなってからでは首都高などの渋滞にハマってしまうので、さらに時間がかかってしまいます
なので無理をしてでも午前船に乗りたい

e0007544_8354346.jpg



この日はお天気も良く、風もない
穏やかな釣り日よりでした
水平線から昇る朝日を見ながらの出航です
ポイントまで40~50分ほど走ります

竿は今まではレンタルでしたが今回は竿も専用の竿を買って用意しました
そしてテンヤ錘も少しバリエーションを増やしてみました
本来なら10種類くらいの色をそれぞれ4~13号くらいまで全て揃えたいところですが
さすがにそこまでは手がまわらないので何となく代表的な色と重さを揃えてみる感じです

e0007544_8365852.jpg



水深30~40Mくらいのポイント
東京湾ではよく目にする貨物船
ここでは珍しいかもです

朝のうちは潮が早かったです
なので13号から入れてみました
とにかく今回はお客さんが多く、おそらく定員いっぱいだったと思います

e0007544_840518.jpg



こうなるとおまつり必至です
仕掛けがシンプルなので、どうにもならないくらい絡むということはないのですが
宿側もテンヤの重さなど何も指定をしないので、各々自由に落としてしまうのです
左トモ寄りにいるお父さんのテンヤがどんどん流されてくるので、困ったなと思っていたら
案の定なぜか右先端でやってた方の仕掛けとおまつり(笑)
さすがにその方、お父さんに「これ軽すぎますよ。もう少し重いのでやらないと」と指導してました

私は13から入れてみた
けど、数日前の入れ食いが全然はじまらない
2時間ほどでやっと1枚
でもやはり1枚目は嬉しい
e0007544_8391618.jpg


時間がたつにつれて潮の流れもゆるくなってきたので少しずつ号数を小さくしてみた
最終的6号まで落とすと、かなり当たりがわかりやすくなる
テンヤのふわっと感も真鯛くんの目を引くようです
あとはうまく合わせられればいいのですが、これがなかなか難しい

その後1枚大きなの?をバラし、もう一枚追加
間に大きなウマズラも釣れてお昼になってしまいました

この日はそれまでの好調さとはうってかわって渋かったです
右隣ミヨシ寄りのお兄さんは慣れてるようで、5枚ほど上げてました
本来は持ち帰るところでしょうが、サイズアップを狙ってるだけなのでと、釣れた鯛を
ほとんど私にくださるのです
鯛はお土産に差し上げると喜ばれるので嬉しいですね
でもやっぱり自分で数釣りたかったです

e0007544_8464719.jpg

e0007544_842543.jpg


e0007544_8425392.jpg



鯛のカルパッチョに外道で釣れたウマズラと頂き物のホウボウのお刺身

e0007544_8452451.jpg


そして翌日、贅沢に真鯛のフリッター
ビールのおつまみに最高です

釣って面白い、食べて美味しい
今まで敷居が高かった真鯛釣りですが
ヒトツテンヤはハマってしまいそうです
[PR]

by kono0202 | 2014-04-15 08:50 | アウトドア