ムギイカ

マルイカのレクチャーをしてくださる方を紹介してくださるというのでY子ちゃんと、再び三浦へ
松輪の出船は早い
外房より少し遅い5時半です
同じ三浦でも8時出船の船宿もありますが、これはいろんな海の規則に従ってそうなっているのしょうか?

ほとんど睡眠無しで、夜中1時に入間のY子ちゃん宅へ
そのまま関越→環八→第三京浜のコース
東北道経由では第三京浜へは行かないので久しぶりなコースです

全く渋滞無しで集合時間の1時間前に到着してしまいました

初めての松輪
瀬戸丸さんへ
レクチャーしてくださるM田さん。お初にお目にかかります
メーカーのフィールドテスターもしてらっしゃるベテランさんです
私が毎回撃沈しているマルイカ、今回こそはと隣に入っていただき道具のレクチャーからしていただく
安物のタックルがバレてしまったので(笑)、M田さんの一本を貸していただきました

前日までは絶好調のマルイカ、期待に胸は膨らみます

5時半
漁港に集結しているいくつもの船宿さんが一斉に出船します

e0007544_872743.jpg



今の時期は30~40M付近を狙います
風景は先日レンタルボートで流した付近そのもの
あの時に集結していた船団はこれだったのかと初めて気づきました

左舷のY子ちゃんと常連さんのお仲間
様になってますね
e0007544_853839.jpg



タックルはライトでOK、手巻きリールで頑張ります
けど、当たりがとれません
いくら竿先を睨んでもわからない
ほとんど空合わせです
ワカサギで鍛えていたはずなのに・・・

群れを追って走り回るのがマルイカ釣り
前半はなかなか大きな群れに当たらず
あちこち拾い釣りのような感じ
合図に遅れないように仕掛けを落とさないとという説明
数秒の遅れで釣果にかなり差がでてくるとおっしゃるのです
右みよし寄りに釣り座をとった自分から船長の顔が見えます
船のエンジン音と船長の持つ合図のマイクのアクションをじっと睨みながら
仕掛けの錘を落とす準備をするのです(笑)
うっかりリールのクラッチを切り忘れてたりすると、それだけで遅れてしまうのです
こんなシビアな釣りだったと今回初めて知りました
でもほんとに勉強になります
でも技術は伴いません

慣れた方は船の上で沖漬けを作ったり
干してみたり

e0007544_8131969.jpg



後半はかなり大きな群れにあたりスッテにどんどん触ってくる
入れたと同時に乗せる人多数
けど、左舷ばかりに当たる
反対側でやっていたY子ちゃんも絶好調です
おそらくこの日のナンバー2だったのではないでしょうか
さすがです

私が釣れるのはムギイカです(泣)
まだまだ修行が足りません
e0007544_845881.jpg


かなりいい感じになっていくと同時に、風が強くなり時化てきました
おまつりもひどくなる
予定の12時半沖あがりは1時間短縮
これからという時だったのに
結局ムギ4杯で終わってしまいました
残念です

でも、とっても勉強になりました
M田さんが釣ってくださったマルイカを数杯いただき
そして自分のムギイカと、そこそこのお土産になりました

漁港の風景
ここは三浦でも最先端です

e0007544_8171812.jpg



e0007544_8194450.jpg

帰ってきて当日の夜はマルのお刺身
そして翌日ムギのお刺身とイカ大根
煮つけても柔らかくほんとに美味しいですね

相変わらずヘタクソですが、懲りずにまた行ってみよう。
[PR]

by kono0202 | 2014-05-26 08:24 | アウトドア