ボートアマダイ

週末マイボートで新潟を予定していましたが、天気予報を見ると新潟だけ雨マーク
しかも海況悪い予測
お仲間からは予定変更の連絡
なかなかうまくいかない
自分は完全な週末アングラーなので、1日でも海況がずれるともう釣行はできなくなります
そして一人ではもちろん遊べないので今回は中止かなと思っていた矢先
女子の釣り友達から、東京湾でのボート便乗のお誘い
個人所有のボートだからと燃料費と仕掛け餌代だけでお財布に優しい
ほんと助かります

狙いは前の日まで爆釣りしていた「ワラサ」
リレーにてアマダイも狙うとのこと
タックルはアマダイ用だけ用意してくれればいいというので気楽です

ワラサ船団より早くポイントへ着けば釣れる確率は高いというので久里浜5時出航
出航場所はよくお世話になる山下丸さんから目と鼻の先で見慣れた風景をあとにする
ワラサポイントにつくとまだ船宿さんはどこも到着していない
今のうちと思って竿を出すが初めてのワラサ釣りでなかなか当たらない
棚取りも難しい
船長さんから細かく指示していただきなんとか棚取りはできてる感じだけど、船内4本の竿のどこにもあたりがない
あぁ、また私の釣れない病がみんなにうつってしまったようです

そのうち船団にかこまれ船長は操船に忙しくなる
ボートであの船団の中に入るにはそれなりの装備と技術が必要だ
まわりの船を見ていると、事前情報ほど連れてる気配はない
やっぱり情報はガセだったのか?
そんなハズはないと船長も言うのだけど、やっぱり当たらない
聞くところによると、船宿の場合かなりのコマセを使うとのこと
コマセの振り方が足りなかったかな・・・

風も強くなってきたので一旦ワラサポイントは撤収してアマダイポイントへ
すると山下丸さんややまてん丸さんがいらっしゃいます
山下丸の船長はもしやSさん?
そんなに近寄れないので船長の顔までは判断できませんでしたが、何となく立ち居振る舞いがそんな感じです(笑)
やはりアマダイも爆釣してる気配がない
うっかり釣れてしまう外道のトラギスの形が心なしか良いのでリリースしないで持ち帰る
そうこうしているちにやっと船内の一本に大きな当たり
上げてごらんと船長に言われ期待に胸をふくらませて見たらなんと大きなマトウダイ
これもキープです
他に船内キダイなども釣れ、最後にやっと自分の竿にチビアマダイ
第2の本命なんとかゲットです
e0007544_7333714.jpg




風も収まりはじめたので、再び船団の中へ戻るがやはりワラサは釣れなかった
友達が釣れてそうな船宿さんの名前を覚えていて釣果を調べてみたら、その船はかなり釣れてたと教えてくれた
見た目は古そうな装備の船でしたが確かにタモの出番が多かったように思う

港に戻ると船長のお仲間が遠征からもどられたばかり
大島付近まで行かれてたそうです
釣果はなんと30キロほどのマグロ2本です

e0007544_812828.jpg


解体を羨ましそうに見ていたら船長の彼女さんに大きなカマを渡している
さっそくサク取りをしたものをを船長宅でいただき
さらにお土産まで頂いてきました

帰宅後は数日外道で楽しめた
アマダイはウロコ付きの唐揚げ、外道のシロギスは天ぷら、
マトウダイは初めてですが半身はお刺身、あとの半身はムニエルです
美味しかったです
チダイもお刺身、そしていただいたマグロは山かけとステーキ
本命は釣れなかったけど、海の幸楽しめました

ワラサは近いうちリベンジしたいです

今回はデジカメはおろか携帯すら車に忘れて乗船してしまったので、いただいたアマダイ画像です
[PR]

by kono0202 | 2014-09-18 08:00 | アウトドア