「ほっ」と。キャンペーン

洋征丸

ほぼ3週間ぶりに海釣りへ行ってきました
今回はお友達が最近行き始めたという逗子小坪港から友達と一緒に洋征丸さんに初めて行ってみました
狙いはアジ五目
釣果情報では外道でブリも狙えるということで、ちょっとそそられる
でも基本は大アジと、真鯛を狙う
真鯛は外房でのヒトツテンヤ以来です
ましてやビシミンチでの真鯛は初めてですので、果たして釣れるのか

6時現地着
まだあたりは薄暗いが、すでに小坪から出船する船宿も
洋征丸さんは7時出航
なのでちょっとのんびりです
逗子マリーナのすぐ隣
マリーナの近くだからでしょうか?釣り船も皆、見た感じ小奇麗なのです
洋征丸さんもとっても綺麗です

e0007544_1550940.jpg



乗ってみるととにかくどこもピカピカ!
コマセのカスひとつ残っていない
船べりも真っ白で気持ち良いくらいです
トイレも広くて綺麗
これなら女性でも気持ちよく1日過ごせそうです
特に驚いたのはキャビンの中
我が家のリビングより綺麗です(笑)
整理整頓された戸棚の中のお茶もカップヌードルもフリーです
e0007544_1553488.jpg


そんな船宿さんの船に乗せていただきいざ出航
少しうねりはありましたが、ピーカンの晴れ
気持ちいい1日のはじまり
e0007544_15544757.jpg


ポイントまで40分ほど
着いて見渡すと、見覚えのある風景
そう、以前ヤマハのレンタルボートで三崎港から出航して、Yちゃんとアジを狙ったポイントです
あの日サバしか釣れなかったけど、今日はどうだろう?

到着してビシを放り込むやいなや、すぐに当たり
やはりアジは堅い
水深90m底から6mとアナウンス
うまくラインを見て棚合わせをする
するとビンビン竿先がしなる
んん~気持ちイイ

2本針で手堅く1本ずつ釣れればいいやと思っていると2本かかったりする
ビシ130号に大アジ2本かかると流石に重い
しばらく入れ食いのような感じで飽きずに釣れる
ただ、お祭りも多い
水深が深い分、片側5人くらいなのにまつる
反対側の人ともまつる(笑)
お祭りを解くのに時間を取られて手返しが鈍る

船長の他に、中乗りさんも一人いてくださったので、ほんと助かりました

e0007544_1603121.jpg


昼ごろですでにひとしきりアジは釣れたのでそろそろ真鯛を狙いたいなと
船宿推奨仕掛けを紐解いてみる
自分でハリスを結ぶタイプ
中乗りさんに結び方を教わる
下針に真鯛用、上に大アジ用の仕掛け
アジと真鯛を同時に狙う仕掛けです

初めての釣り方
果たして釣れるのか半信半疑
すると友人とは反対側のオオトモで釣ってた方が大きな真鯛をいきなりゲット
それを見た自分テンション上がるもなかなか釣れない
それでもポツポツアジはかかるので、1時頃にはちょっと飽きてくる
仕掛けを落としたまま、置き竿で友人と雑談していると、竿先がビビっとしなる
ん?またアジが当たってるのかな?と思う間もなく
船長が降りてきて、「ほら、当たってる!アジじゃないよ!その引きは真鯛だ!」と言いながら
竿先を合わせくれる
そのまま巻いて~
手の力抜いてね

言われるがまま新調にリールを巻き上げると、やっと念願の赤い真鯛が顔を見せてくれました
ほんと嬉しかった
船長が水面でタモ取りしてくださり無事に取り込み成功♪
真鯛はマーキングして船のイケスに入れてくださった

この日真鯛をゲットしたのは船中4人
ほんと良かったです
今回外道の大型青モノは狙えませんでしたが、真鯛が釣れたのでもう大満足でした
帰宅して大きさを計ったら45cmほど
真鯛としてはちょっと小ぶりですが食べごろサイズです

20本のアジは帰ってきてご近所におすそ分けしてもまだたくさん残って
毎日アジ三昧です

e0007544_1632290.jpg



e0007544_1644321.jpg



e0007544_1652542.jpg


久しぶりに真鯛のお刺身、そして定番アジのタタキ
お酒はスーパーで見つけた赤城山スパークリングで・・・
運転もあって疲れたけど楽しい1日でした。
[PR]

by kono0202 | 2014-12-16 16:05 | アウトドア