冬タチ

昨年秋以来の太刀魚釣りに行ってきました
土曜の仕事を終える前に海況などを確認
そこそこ厳しい海況でも、船宿の大きな船なら安定して釣りができるお天気はいつものこと
つり幸さんへ電話を入れてみると、出船しますよと電話の向こうでいつもの女将の声
今の季節、週末タチウオ船は予約が必要とHPに記されていたので、迷わず予約

タックルも仕掛けもシンプルで仕掛けのストックもある
リールはいつものシマノの電動で
深場の予想なのでラインの長さが必要・・・となると、今のところ自前のリールはこれしかないのです
あとは錘のチョイス
最近中深場までやるようになったので、120号までとりあえず持ってる。
念のためにタックルケースにいれてみる
かなり重いので、これは使いたくないなと思いながら・・・(笑)

翌朝はお天気は最高
予想されてた風も波も弱く、朝の時点では良い釣り日よりです
すんなり受付を済ませ、船に乗り込む
7時出船
電車で来られる方をギリギリの時間で乗せて、出船
ざっと20名ほどになった
観音崎あたりまで行く予定ですので、川崎からはかなり走ります

ところが4~50分ほど走ったところで突然船がストップ
いつもの、ポイントへ着いた時の止まり方とちょっと違う
かなりの急停止
すると前のエンジンルームから白煙が・・・
ん?どうしたのかな?
船長がエンジンルームから出たり入ったり
しばらく待ってると、ラジエーターのホースが破損してる様子
応急処置らしきことをして、無くなった冷却水を近くの海域に居た吉野屋さんから急遽受け取る
常連のお客さんも手伝ってポリタンク何缶も水を入れ、なんとか動けるようになったようですが、このまま釣りをするのには厳しい状況と船長が判断
つり幸さんの別船を手配し、船の到着を待つ
この時点ですでに9時近い

e0007544_2103431.jpg



予定通りなら8時前には釣りが開始できるはずなので、かなりのタイムロス
まさかの海上で船を乗り換え(笑)、いざ再出発

この日この時点で観音崎沖は釣れてないということで、別の深場へ
久里浜沖での釣り

行ってみると沢山の船宿さんが集まってる

e0007544_2161116.jpg



同じ日に忠彦丸さんへ乗ってるはずのMさん発見!
声をかけたくてもちょっと遠くて届きそうにない
もうすでに5本以上は釣れてるんじゃないかな・・・とちょっと焦る(笑)

結局釣り開始は9時半
PE4号以上の人はまさかの錘120でやってくださいとのこと(汗)
腕と肩への負担は半端なく辛い
でも、釣りたい一心で誘いをかけます

秋に楽しめたあたりが今回はありません
水深110からで棚は100~80M
かなり広くなかなか棚が見つからず
悪戦苦闘の末、昼までにやっと3本ほど

e0007544_2171936.jpg



昼頃も当たり少なく、船は2度3度とポイントを移動する
午後になって3本追加し、なんとか6本ほど確保

e0007544_217477.jpg



後半なぜかとなりの方、竿をほとんど動かさないのに、入れ食い状態で釣れてる
私も真似をして、誘わず、静かに動かしてみた
不思議と当たる
結局おとなりの方は24本で竿頭となってました

帰港してからその方に聞いてみた
やはり後半誘わない方が釣れるということに途中気がついたとのこと
そんな日もあるんですね

翌日は案の定、肩が少し痛かったですけど
なんとか太刀魚で晩酌ができたので良かったです

お刺身、炙り、たたき
ほんとに美味しいです
塩焼き用とムニエル用に下ごしらえしたものは冷凍庫へ
しばらく楽しめそうです

e0007544_2191641.jpg


e0007544_2194259.jpg
[PR]

by kono0202 | 2015-02-18 02:26 | アウトドア