マルイカ修業

あれからまだ今シーズンは自らの手で釣ったマルイカにお目にかかっていなかった
巷では10年に一度の当たり年と噂されているのになぜか2度のボウズ(笑)
タイミングが悪いといえばそれまでですが・・・
一念発起して、群馬から近くなった船宿さん、沖ヱ門丸さんへ
久しぶりにマルイカをやるという友達引き連れて再々々チャレンジ
今回ボウズなら、もうマルイカは一生やらない
そんな気持ちで行ってきました

今回は片側5人、おそらく船内10人程度のお客さんでした
出航すると間も無く烏帽子岩が見えてきます

e0007544_8203692.jpg




前回乗ったアジ船はこの岩を通り過ぎ沖へ行きましたが、マルイカポイントからは
常にこの烏帽子岩が視界に入ります
水深20m前後を常にキープしながらポイントを移動します

初めの1時間で今までどんなに頑張っても釣れなかったマルちゃんがパタパタとなんと2年ぶりの友達に来ました
今シーズン3回目の自分の仕掛けにはなかなか触りません
当たりが取れていないのか
今回は船長の指示通りタタキがメイン
仕掛けは前半直結でしたが、途中錘の落とし方が悪かったのか、上から2番目のスッテから下が切れて
錘ごと無くなってしまいました
直結用の幹糸はこれしかなかったので市販の直ブラに急遽変更
スッテ交換が簡単にできないタイプなのでこうなったらスッテのカラーなど気にしていられない
最後までこれでイク覚悟です
すると、段々アタリもわかるようになり、うまく合わせることができるようになりました
タタキ、止め、待つ、空合わせ、落とし込み
単純作業の繰り返しで何とか竿先のアタリを見ることができるようになってきました
8時過ぎには5杯ほど、途中かなり遅いペースで最終的には何とかツヌケができました
ムギイカも混じってます

二人合わせると何だか沢山釣れたように見えます(笑)
e0007544_8253328.jpg





自分では今シーズン一番だったのですが
沖上がり後、反対側の同船者の釣果を聞いてビックリ
なんと70杯以上
それでも今日は渋かったねぇ~と言うのです(笑)
普段は束なんて当たり前なようです
一気に自分の腕に自信がなくなり、あぁ、もうマルイカ止めようかなと友達に愚痴ったら
それを聞いてた70杯のおじさんは、俺だって初めは1杯しか釣れなかったよっておっしゃってました
そして、颯爽とスクーターの後部にクーラーボックスと竿を縛り付けて帰って行きました
当然地元の常連さん
海なし県人にはもう少し授業料が必要なようです

帰り際アジ船で爆釣して帰ってきた海老名のYちゃんから大きな東京湾のアジとサバ、イワシなどをおすそ分けしていただきました

e0007544_8272463.jpg


e0007544_8275134.jpg


e0007544_8281186.jpg


帰宅して今回は手抜きして(笑)久しぶりに地元の居酒屋さんへ
美味しい地酒とマスターが料理してくれたマルイカ、アジ、ウルメイワシのお刺身で至福の時間を過ごすことができました
今シーズンあと何回マルイカ行けるかな?
タチウオも始まってるようです。
[PR]

by kono0202 | 2015-06-29 08:28 | アウトドア