駿河湾で釣る

2週続けて駿河湾へ行ってきました
1週目はボート釣り
いつものN丸へ乗せていただきゲスト釣行です
駿河湾は未知の世界なので、ポイントは船長にお任せするしかありません
昔自分のボートで浮かんだことがある戸田へ向かってみました

e0007544_853221.jpg




途中海上で船長のお仲間に遭遇したりとボートネットワークを垣間見る
アジはいませんが、赤い魚を沢山釣ってらっしゃる模様
それを見て無性に赤い魚に会いたくなった(笑)
仕掛けを駆使してあちこち探ってみますが、なかなか思うように釣れない
戸田の外海で、遊漁船2隻に遭遇
あるポイントから動かない
こうなったらコバンザメ作戦(笑)
すると、久しぶりに大きな当たり
水面に近づくにつれて赤いのが見える
もしや・・・真鯛?心はもうワクワク
・・・けど、違いました
「イラ」という魚
初めてのご対面です
なぜイラって言うのか教えていただいた
真鯛だと思って釣り上げると似てるけど真鯛とは大違いなベラ科の魚・・・ということで
イラっとするからだそうです(笑)
妙に納得してしまった
でもクーラーが寂しいのでキープさせていただく
その後、フエフキダイなど釣っただけで、船長の魚と合わせても寂しい釣果となりました
駿河湾はまだまだ未知の世界だけに、楽しみなところでもあります

e0007544_8543882.jpg




2週目の駿河湾は、久しぶりの夜タチウオ釣り
金曜の夜に仕事がらみの用事があり、どうしても朝からの釣行が無理な週末
夜勤明けのMちゃんと久しぶりに午後から田子の浦へ
再び圏央道から東名を走り、夕方の富士山を眺めながら静岡へ
船宿さんは博友丸
全体的に東京湾や相模湾の船宿さんに比べて船が小さい
今回幸い海は凪でしたので、さほど揺れることもなく快適な釣行となりましたが
肝心なタチウオは前半厳しく、これはもしやボウズかと?思うくらいでした
それでもルアーの方は釣れてる
船長がマイクで釣り方をご指導してくださる
今日はあまり仕掛け動かさないで
棚まで下げたらゆっくり巻いて当たりを待ってみてと。
今回水深50m前後で、棚は40~20m
時間とともに多少支持棚が変わります
東京湾のように誘ってはダメ
とにかく仕掛けをあまり動かさないということ
ミヨシの左舷で竿をラークにかけたままの置き竿状態の女性が、実はよく釣れてたというのも
最後にわかったことでした
うまく棚が合っていれば置き竿の方が釣れるという状況
必ずしも毎日がそうではないと思いますが、東京湾でのタチウオとは違うのですね
後半何とか食いがよくなり、釣り方もレクチャーどおりにやってみると、何とか釣れる
最終的にはツヌケでき良かったです

e0007544_9103953.jpg




Mちゃんも順調に数をキープ
サバにしゃまをされていた人もいましたが、私は1匹だけ釣り上げ
船上で捌いてキープ
水深が浅いせいか、季節的にまだ暖かいせいか、型は全体的に小さかったですが
久しぶりにキラキラに癒された夜となりました

e0007544_9111855.jpg

[PR]

by kono0202 | 2015-10-20 09:12 | アウトドア