カテゴリ:アウトドア( 198 )

駿河湾で釣る

2週続けて駿河湾へ行ってきました
1週目はボート釣り
いつものN丸へ乗せていただきゲスト釣行です
駿河湾は未知の世界なので、ポイントは船長にお任せするしかありません
昔自分のボートで浮かんだことがある戸田へ向かってみました

e0007544_853221.jpg




途中海上で船長のお仲間に遭遇したりとボートネットワークを垣間見る
アジはいませんが、赤い魚を沢山釣ってらっしゃる模様
それを見て無性に赤い魚に会いたくなった(笑)
仕掛けを駆使してあちこち探ってみますが、なかなか思うように釣れない
戸田の外海で、遊漁船2隻に遭遇
あるポイントから動かない
こうなったらコバンザメ作戦(笑)
すると、久しぶりに大きな当たり
水面に近づくにつれて赤いのが見える
もしや・・・真鯛?心はもうワクワク
・・・けど、違いました
「イラ」という魚
初めてのご対面です
なぜイラって言うのか教えていただいた
真鯛だと思って釣り上げると似てるけど真鯛とは大違いなベラ科の魚・・・ということで
イラっとするからだそうです(笑)
妙に納得してしまった
でもクーラーが寂しいのでキープさせていただく
その後、フエフキダイなど釣っただけで、船長の魚と合わせても寂しい釣果となりました
駿河湾はまだまだ未知の世界だけに、楽しみなところでもあります

e0007544_8543882.jpg




2週目の駿河湾は、久しぶりの夜タチウオ釣り
金曜の夜に仕事がらみの用事があり、どうしても朝からの釣行が無理な週末
夜勤明けのMちゃんと久しぶりに午後から田子の浦へ
再び圏央道から東名を走り、夕方の富士山を眺めながら静岡へ
船宿さんは博友丸
全体的に東京湾や相模湾の船宿さんに比べて船が小さい
今回幸い海は凪でしたので、さほど揺れることもなく快適な釣行となりましたが
肝心なタチウオは前半厳しく、これはもしやボウズかと?思うくらいでした
それでもルアーの方は釣れてる
船長がマイクで釣り方をご指導してくださる
今日はあまり仕掛け動かさないで
棚まで下げたらゆっくり巻いて当たりを待ってみてと。
今回水深50m前後で、棚は40~20m
時間とともに多少支持棚が変わります
東京湾のように誘ってはダメ
とにかく仕掛けをあまり動かさないということ
ミヨシの左舷で竿をラークにかけたままの置き竿状態の女性が、実はよく釣れてたというのも
最後にわかったことでした
うまく棚が合っていれば置き竿の方が釣れるという状況
必ずしも毎日がそうではないと思いますが、東京湾でのタチウオとは違うのですね
後半何とか食いがよくなり、釣り方もレクチャーどおりにやってみると、何とか釣れる
最終的にはツヌケでき良かったです

e0007544_9103953.jpg




Mちゃんも順調に数をキープ
サバにしゃまをされていた人もいましたが、私は1匹だけ釣り上げ
船上で捌いてキープ
水深が浅いせいか、季節的にまだ暖かいせいか、型は全体的に小さかったですが
久しぶりにキラキラに癒された夜となりました

e0007544_9111855.jpg

[PR]

by kono0202 | 2015-10-20 09:12 | アウトドア

夏から秋へ

久しぶりの更新となりました
夏のお盆休みの頃から、公私ともに忙しく、また、自宅のPC環境も変わってしまい
スマホからブログは更新しない方針でずっとやってきましたので、どうしても忙しいと後回しになってしまいます
以前の記事にコメントしてくださった方もいたのに、そのまま気づかず本日に至ってしまいました

気がついたらもう季節はすっかり秋ですね
何度か来た台風をかわしながら、釣りへも出かけてきました
沖釣りではマグロ、ワラサに挑戦しましたが、どちらも見事にボウズ(笑)
お財布に余裕がないとできない釣りですね

そしてマイボートでは久しぶりの館山へ
でも釣果はやはりイマイチでした
眠っていたエンジンを起こすのに苦労しましたし
ポイントなどまだまだわからないことも多く、たまの週末アングラーには厳しい1日でしたが
海に浮かんでいられるだけで癒されたりします
この日の釣果はサバ数匹
あとはサポートしてくださった方はイトヨリやウマヅラなど五目に近い状態でいろんな魚種を釣り上げ
船長の自分としては喜ばしいことです

e0007544_7424819.jpg



e0007544_7434898.jpg




ボートで釣れなかったアジの顔が見たく
その後、茅ヶ崎の沖ヱ門丸さんへライト五目へ
シルバーウィーク中とあって、かなりの混雑
オマツリしながらも、何とか大アジをゲットすることができました

e0007544_7441997.jpg





そして、先日初めての夜イカ釣りに
場所は鹿嶋の船宿さん

e0007544_7472442.jpg




鹿嶋で釣りをすること自体初めてですが、今まで行ったことがない場所、しかも北関東からのアクセスはあまりよろしくないなど不安でしたが、行ってみると思ったほど遠くないなといった印象でした
夜釣りならば、行きも帰りも何となくゆっくりなのであまり疲れないというのもあります

PM4:00出船
沖上がりは23時でした
乗ってからポイントまでは1時間ほどかかります
狙ったのはムラサキイカでしたがこの日はほとんど釣れず
錘100号からの3連直ブラでやってみました
棚支持は70~50m
一時30mで上がってきましたが、沖上がりぎわにまた深くなりムラサキ狙いで80mほどへ
でも結局ムラサキはほとんど釣れませんでした
誘い方などは船宿のスタッフさんが丁寧に教えてくださいました
この日も人が多く、潮も2枚潮ということであちこちでオマツリ
私も落とすたびにお隣さんやその向こうの方とマツってしまう始末
それでもスタッフや船長さんが飛んできてすぐにほどいてくださるので
何とか釣りになりました

e0007544_7542763.jpg



e0007544_755282.jpg


お友達のMちゃんは、みよしでマイペースなヒトツスッテで順調に数を延ばしてましたね♪
やはりこういう日はヒトツスッテはいいです
今回タックルの用意はしていきましたが時間に余裕がなかったためできず
次回はぜひ挑戦してみたいです

今回の釣果27杯
ご当地イカらしいのでしが、スジイカメインになってしまいました
スジイカという種類自体今まで聞いたこともないのですが、あまり世の中には流通してないそう
生鮮品としての価値はいろんな意味で低いとのこですが
火を通すとむしろ柔らかくなりけっこう美味しいです
今回、初めてイカメシなどにも挑戦してみました
せっかくなのでまた夜イカはリベンジしたいと思います
料金も鹿嶋は女性は男性の半額ということで、お財布に優しいですね

e0007544_756128.jpg

[PR]

by kono0202 | 2015-10-05 07:56 | アウトドア

夏ワカサギ

もう半月もたってしまったなんて嘘みたいに、8月前半は仕事が忙しかったです

夏のワカサギは、ほぼ初体験でした

景色に癒されながらのんびりボートでの夏ワカサギ

こういうのも年に1~2回は楽しいかなと思います

木崎湖の風景

e0007544_21505921.jpg



e0007544_21515279.jpg




場所は違ってもタックルはいつもどおり
e0007544_21525563.jpg



カラ針なのに、なぜか釣れる・・・ワカサギ。
飽きない程度に釣れてくれて面白いです
e0007544_21535051.jpg



e0007544_2155715.jpg



周りのボートものんびり
時々近くを通り抜けるモーターボートに揺さぶられますが、それがまたちょうどいい誘いになったりします

暑さのあまりお仲間の坊ちゃんもバテ気味なので、最後まではやらず、4時前には終了
ここでは、ワカサギは数ではなく重さです
・・・ということで
1日で私でも500g
二日でほぼ1キロ釣りました
e0007544_2201317.jpg

ちなみにボート内で一番は大先輩のKさん、私の倍の2キロです
どこで釣っても上手な人は上手ですね
[PR]

by kono0202 | 2015-08-12 22:03 | アウトドア

ヒラメ・マゴチそしてタチウオ

梅雨も明けて夏本番となりました
自宅のインターネットをNTT光からNURO光に変更してから、なぜか自分のPCがネットに繋がらなく
しばらくPC放置しておりました

その間に館山や富津で夏本番の釣りをさせていただいてました

3連休、館山ではお友達の関係で、個人のプレジャーに乗せていただき、ヒトツテンヤ真鯛や泳がせヒラメなどに挑戦してきました
e0007544_8422212.jpg



特に泳がせは未体験でしたのでとっても勉強になりました
地元の方の案内なのでポイントもよくご存知で安心して釣りができた以上に
いろいろお世話になったことを感謝しております

生イワシを仕掛けに付けるのも難しくやっと付いたと思ったら、イワシはぐったり(笑)
でも何度か付け直していくうちにうまく付けられるようになり、魚の当たりもわかるようになりました

ヒラメポイントにはマゴチも生息していて、ヒラメより先にマゴチをヒットさせてしまいましたが
これはこれで初マゴチということで大事にキープです
結果、真鯛はお留守でしたが、最終ポイントでヒラメも何とか2枚釣れ、ちょうどいいお土産ができました

e0007544_843103.jpg



e0007544_8432965.jpg




そして先日の週末はかねてから参加したいと思っていた三石忍プロのTLC女性のタチウオ教室に急遽、富津川崎丸から参加
今シーズン初のライトタチウオ
ある程度タチウオも経験は積んできましたが、どうしても自己流になってしまい、いざとなると釣果がぱっとしない
そこで初心にもどって初めてタチウオを教えてくださった忍ちゃんの教室に参加することにしました

朝からピーカンのお天気で暑かったですが、前半食い渋り
いきなり外道のトラフグの親分を掛けてしまい大騒ぎ(笑)
かなりの大きさに自分でもビックリ
何とか忍さんにタモで救ってもらいキープ
35Lのクーラー持っていって良かったです

e0007544_8442537.jpg




本命は中盤から飽きない程度にヒットするようになり
でも、誘い方、取り込み方を基礎からやり直しです
やはり先生は凄いです
周りのメンバーさんも順調に釣り上げていきます

この日も東京湾中の船宿が集まってきてました
e0007544_846146.jpg

横に付けると別の船のお客さんと会話ができるくらいです

最終的にはタチウオ15本、大サバ1、トラフグ1という釣果
フグは当然船宿で捌いていただき只今熟成中です

e0007544_8481299.jpg



今年は何回タチウオ船に乗れるかな
夏の海、これからが本番
ワラサやブリにも挑戦していきたいと思います
[PR]

by kono0202 | 2015-07-28 08:48 | アウトドア

ボートパラダイス

今シーズン何度目かの直江津釣行でした
マイボートは風の予報が怪しかったので、今回もゲスト釣行となりました
狙いはキジハタ
そして、なぜか直江津では今しか釣れない期間限定のタチウオ情報があり
情報が正しければ浅い湾内にいるはず
うまくいけばこれもゲットしたいと仕掛けの準備をしていきました
ボート釣りではなるべくタックルはシンプルにしたいということで、アジも太刀魚もほとんど同じタックル
仕掛けだけ変えて根魚狙ったりと、ゆる~い釣りとなりますが
その分、船長のポイントの目利きが重要になります
そして、臨機応変に仕掛けを変えていく

とりあえずいつものポイントで堅いアジからゲット
少し棚がずれると大きなイシモチがかかります
その後堤防まわりを流してみるとカサゴやメバル
そして狙いのキジハタもここで釣ることができました

e0007544_0254523.jpg



たった2匹ですけど嬉しかった
船長はメバルを連掛け

別の堤防際では型のいいカサゴも釣れ、気分は上々

e0007544_0263299.jpg



でも肝心な太刀魚が釣れない
そばに浮かんでる別のボートでも上がってる様子がない
中アジがコンスタントに釣れるので何匹か追加するものの、そろそろあたりが薄暗くなりはじめる時間
発電所の灯がともりはじます

e0007544_039288.jpg



そろそろ上がろうかという頃、諦めきれずにイチかバチかタチ仕掛けを落としてみる
水深30mほどの湾内
いるのかいないのか、棚もさっぱりわからないので底から少しずつ誘い上げてみる
何度か落としなおしてみると何かが触る
そのまま誘い上げていくと底から15mくらいでガツンと来た
これはもしや?
あのタチのガツガツくる引き
乗合船でしかやらないけど、引きは同じです
キラキラの魚体が水面に現れるともうアドレナリン全開です(笑)
直江津でタチに本当に会えるとは思いませんでした

e0007544_0295390.jpg



やっぱり居ますよ~
船長もさっそく仕掛けを落としてみるとやはりガツンと来ました
勢いで私はそのまま3本立て続けに釣れてタイムアウト
型は今の季節にしてはいいサイズです
結果オーライで楽しいボート釣りとなりました

e0007544_031946.jpg



帰宅してアジやイシモチの刺身と一緒にタチウオは炙りで
久しぶりの達成感でした
[PR]

by kono0202 | 2015-07-11 00:35 | アウトドア

マルイカ修業

あれからまだ今シーズンは自らの手で釣ったマルイカにお目にかかっていなかった
巷では10年に一度の当たり年と噂されているのになぜか2度のボウズ(笑)
タイミングが悪いといえばそれまでですが・・・
一念発起して、群馬から近くなった船宿さん、沖ヱ門丸さんへ
久しぶりにマルイカをやるという友達引き連れて再々々チャレンジ
今回ボウズなら、もうマルイカは一生やらない
そんな気持ちで行ってきました

今回は片側5人、おそらく船内10人程度のお客さんでした
出航すると間も無く烏帽子岩が見えてきます

e0007544_8203692.jpg




前回乗ったアジ船はこの岩を通り過ぎ沖へ行きましたが、マルイカポイントからは
常にこの烏帽子岩が視界に入ります
水深20m前後を常にキープしながらポイントを移動します

初めの1時間で今までどんなに頑張っても釣れなかったマルちゃんがパタパタとなんと2年ぶりの友達に来ました
今シーズン3回目の自分の仕掛けにはなかなか触りません
当たりが取れていないのか
今回は船長の指示通りタタキがメイン
仕掛けは前半直結でしたが、途中錘の落とし方が悪かったのか、上から2番目のスッテから下が切れて
錘ごと無くなってしまいました
直結用の幹糸はこれしかなかったので市販の直ブラに急遽変更
スッテ交換が簡単にできないタイプなのでこうなったらスッテのカラーなど気にしていられない
最後までこれでイク覚悟です
すると、段々アタリもわかるようになり、うまく合わせることができるようになりました
タタキ、止め、待つ、空合わせ、落とし込み
単純作業の繰り返しで何とか竿先のアタリを見ることができるようになってきました
8時過ぎには5杯ほど、途中かなり遅いペースで最終的には何とかツヌケができました
ムギイカも混じってます

二人合わせると何だか沢山釣れたように見えます(笑)
e0007544_8253328.jpg





自分では今シーズン一番だったのですが
沖上がり後、反対側の同船者の釣果を聞いてビックリ
なんと70杯以上
それでも今日は渋かったねぇ~と言うのです(笑)
普段は束なんて当たり前なようです
一気に自分の腕に自信がなくなり、あぁ、もうマルイカ止めようかなと友達に愚痴ったら
それを聞いてた70杯のおじさんは、俺だって初めは1杯しか釣れなかったよっておっしゃってました
そして、颯爽とスクーターの後部にクーラーボックスと竿を縛り付けて帰って行きました
当然地元の常連さん
海なし県人にはもう少し授業料が必要なようです

帰り際アジ船で爆釣して帰ってきた海老名のYちゃんから大きな東京湾のアジとサバ、イワシなどをおすそ分けしていただきました

e0007544_8272463.jpg


e0007544_8275134.jpg


e0007544_8281186.jpg


帰宅して今回は手抜きして(笑)久しぶりに地元の居酒屋さんへ
美味しい地酒とマスターが料理してくれたマルイカ、アジ、ウルメイワシのお刺身で至福の時間を過ごすことができました
今シーズンあと何回マルイカ行けるかな?
タチウオも始まってるようです。
[PR]

by kono0202 | 2015-06-29 08:28 | アウトドア

イサキ

久しぶりに、イサキ船に乗ってきました。
今シーズンは絶対に釣りたいと思っていましたので

船宿さんは、館山の竜一丸さん
もちろん初めての宿です

千葉は外房以外で船に乗ったことがないのでちょっと不安でしたが、イサキならここがいいよと知人に勧められたので思い切って行ってきました

釣果情報ではまあまあな感じです
釣り方すら忘れてますのでどうなることかと思いながら受付を済ます
ここは船宿さんから港まで、5分ほど歩きます
クーラーや荷物は軽トラで運んでくださいます
生憎の雨ふりでテンション低めですが、トボトボ歩いて小さな桟橋へ
船もそんなに大きくはありませんがそこそこの人数のお客さんが集まってきます

e0007544_857347.jpg




乗り込んでみると、片側7~8人で一杯です

e0007544_858010.jpg



イサキのポイントはわりと岸寄りの浅いところ
手巻きでも充分ですが、ラインの指定が6号前後
私の一番太いので4号なのですが、電動リールにしか巻いてないので今回は電動で挑戦です

ビシもテンビンも手持ちので行けそう
アジ釣りなどで使う弓型の天秤はオマツリ避けるため禁止です

生憎の小雨続きで思ったよりうねりもあります
船が小さいのでかなり揺れます
船べりも低いので立って釣ってると海に落ちそうになります(笑)

棚は上から30~27M、28~25M、と移動すると微妙に変わりますが
一貫して中を狙います
30で止めて3M上げて待つ
仕掛けが3Mだからです
水深は言ってくれないので試しに仕掛けを底まで落としてみると50Mくらいでした
ラインのマーキングで棚をしっかり取れればなんとか釣れてくれます

出船して間も無くパタパタと釣れ、その後、しばらく渋く、移動を繰り返します
かかるとグググっと竿がしなります
この引きは楽しいです
半日船ですが出船が5時半頃ですので、8時頃で充分釣れてれば一休みしたいところですが
なかなかツ抜けられないので、休まず仕掛けを落とします

後半沖がり際に何とか大きいのがあげられてこの日の目標は達成できました


帰り際に大きめのをお友達におすそ分けして
8匹ほどキープ
一番大きいので35cmくらいでしたがうりんぼもいます

e0007544_963542.jpg



帰って久しぶりにイサキのお刺身
今回は船宿さんのレシピを見習って姿造りに挑戦してみました♪
今シーズンもう1回くらいはやりたい釣り物ですね
e0007544_97269.jpg

[PR]

by kono0202 | 2015-06-17 09:07 | アウトドア

初夏のボート釣り

梅雨入り直前の直江津港
狙いは大きな真鯛

今回もゲストですので船長にお願いして、小雨降る中、沖へ走ってもらいますが
船長が大きめのイナダ一本ゲットするのみで雨と寒さで早々に撤収

e0007544_7432694.jpg




その後イナダ2本追加しましたが
風も強くなる気配なので一旦沖上がりして休憩
昼頃再び湾内に戻りいつものアジは手堅くお土産用にキープ
しっかり数釣りできました♪

e0007544_74506.jpg

この日も佐渡汽船の大きなフェリーが優雅に佐渡ヶ島を行き来してます

次の狙いはキス
港から出てサーフ付近へ移動してみましたがうねりが大きく釣りにならないということで、再び湾内へ戻る
オカッパリの人々で賑わう堤防近くをうろうろ
仕掛けを落として流してみるとすぐに当たるもキスではなくハゼ
型はそこそこなのでキープすることに
その合間にキスもチラっと・・・
でもメインはハゼ釣りになってしまいました

たまには根魚も狙いたいと思い最後は沖堤防の脇へボートを寄せてもらう
根がかりをしないように仕掛けを落とす
根回りを狙う時は気が抜けません
流し釣りなので常に底を取り直し、探っていきます
すると早速カサゴが顔を見せてくれました
本当はメバルが欲しかったのですが・・・
するとその後すぐに船長がメバルを2匹連掛け
すごいです

直江津港は小舟で遊ぶにはほんとに楽しいところです
ボート釣りは狙ったものが釣れるとは限らないけど臨機応変に狙いを変えていく楽しみがあります
なので私の場合、外道は外道とは呼ばない(笑)

e0007544_7505271.jpg



e0007544_7513285.jpg



e0007544_7522568.jpg

次回はぜひともキジハタを狙いたいです
[PR]

by kono0202 | 2015-06-09 07:52 | アウトドア

沖右ヱ門丸

爽やかな季節は短いなと思います
一時はカメラにハマってあちこち花の写真を撮りに行ったのも今の季節
登山も気持ちいい季節なのですが、やはり気持ちは海へ向いてしまいます
週末アングラーなので、海の良い日は居てもたってもいられなくなります(笑)

e0007544_8511983.jpg



今回は初めて茅ヶ崎の沖右ヱ門丸さんへ
湘南、特に茅ヶ崎あたりは今まではおしゃれなイメージで、
サザンのちょっと古い歌が聞こえてきそうな田舎者には敷居が高いイメージがありました
ところが圏央道が海際まで通ったことで、かなり相模湾は近くなった気がします
夜中であれば都内追加してもさほど時間の差はないかもしれませんが、時間帯を選べば日中は現地がハイシーズンでない限り渋滞箇所は今のところなさそう
強いていえば東名高速道路を横切る海老名あたりが危いかもしれません

e0007544_8535255.jpg



e0007544_8543398.jpg



海老名のお仲間さんに案内されて初めて沖うヱ門丸さんにお世話になりました
いくつかの船宿さん共同の駐車場からは、湘南の砂浜が広がり、富士山も見れる絶景ポイントです
もうこの景色だけで満足してしまいます
夏の間、釣りもいいけど、もう少しこの近辺歩いてみたいなと思います

e0007544_854585.jpg



この日は朝から沢山のお客さんが見え、船もコミコミ(笑)
前回の忠彦丸さん顔負けです
ビシアジでこれではオマツリ必至です

e0007544_8552163.jpg



覚悟を決めていざ出船
早朝から先に到着していたお仲間に釣り座は良い位置に確保していただいてたので助かりました

富士山を眺めながら沖へはしります

一貫してポイントは水深100M以上
久しぶりに130号のビシはズッシリ重いです

釣り初め2時間ほどは反応があってもほとんど食ってきません
潮止まりも重なっていたようです

船もあちこち移動

昼近くなってようやく釣れるようになってきました
大型も混じりますが、前半サバの猛攻撃にあいます
水面にうじゃうじゃ見えてます(笑)
このサバをかわしながらアジを釣るのは本当に難しい
棚も下げ気味に
巻き上げは早めに
うっかりサバがかかると3人くらいの仕掛けが一気にマツってしまい、何本仕掛けを消費したことか・・・

e0007544_8573275.jpg



苦戦しながらも何とか大きめのアジでツ抜けることができホッとしました
外道のサバも船の上で血抜き下処理までして大きめのもはキープ
後半飽きない程度に楽しいアジ釣りができました
今回やっと35Lの新しいクーラーが役にたちました(笑)

帰宅して地元龍神酒造の新作「夏吟」の肴にアジのタタキとしめサバで至福の時間

e0007544_8585262.jpg


次はどんな釣りにんるかな?なんて思いを馳せながらいただく
夏はほんとに楽しい。
[PR]

by kono0202 | 2015-06-04 08:59 | アウトドア

アジの返り討ち

週末予定していた仕事が直前でキャンセルになたため、フルに土日が空いてしまった
海況と相談しながら予定が二転三転し、結果、午前LTアジ船に仲間と乗ることに
先日からのマルイカマルボの心の傷を何とか癒したく(笑)、向かった忠彦丸さん

早めに到着していたお仲間から、現地では朝方直前に局地的ではあったようですが
短時間のスコールがあったとのこと
それを、聞いてちょっと嫌な予感

さらに嫌な予感なのは、船の混み具合
出航直前になったら片側14~15人もの人でいっぱいです(笑)

e0007544_823116.jpg




もうこれはダメかなと諦めムード

出航して間も無く、思った以上に海が時化ていました
釣り始めた頃は仕掛けがどんどん流されて、底をとるのも大変
しかもお隣がくっついてるのでさっそくあちこちでお祭りがまじまります
週末アングラーの悲しいところです

ちょっと見た感じ他船も釣れてる様子がない

水深15~30mの範囲で2~3度ポイントを移動
アンカー打つも、やはりあたりもなく、これはまずいムード

外道のイシモチすら釣れない

e0007544_8245759.jpg



お天気は回復傾向に
ヨットやプレジャーも沢山出てきてます

10時ごろには風も予報通りよ弱まり、良い釣り日よりになってきたのに
午前船のため、11時沖上がり

釣果、アジ1、メバル1
どちらも尺・・・といいたいところですが、かなり小さかった
まさにアジを甘く見てていました
沖釣りでこんなアジ釣りは初めてです
一緒に乗ってた別のお客さんは数日前に走水の大アジ釣りに行ったそうですが、やはりここも全く釣れなかったそうです
東京湾のアジはどこへ行ってしまったのかな?
午後も思わずやろうかと思ったくらいですが諦めました

e0007544_827356.jpg



e0007544_8275158.jpg

それでもお仲間から分けてもらった数少ない魚で晩酌ができたので、良かったです
釣りって釣れないからまたすぐにリベンジしたくなるんですよね(笑)
[PR]

by kono0202 | 2015-05-18 08:20 | アウトドア