カテゴリ:アウトドア( 198 )

納竿

今年最後の海釣りはボートアマダイでした
予定では内房でボートカワハギを予定していましたが
波、風向きなどの予報から、急遽駿河湾へ行くことに

お天気は予報通り最高
風もほとんど無く、海もベタ凪
これがむしろ釣果にはマイナスなのだろうけど
今の季節、上着を脱いでも寒くない日にあたるのはなかなか難しいので
ラッキーだと思います
富士山もくっきり綺麗です

e0007544_8301710.jpg



今年一番に見た富士山は河口湖からでした
そして最後に駿河湾から望むことができた
これも何かの縁なのかもしれない

今回はゲスト釣行ですので、ポイント等は現場を熟知している船長にお任せです
久しぶりのアマダイ狙いですので、釣り方を思い出すのに時間がかかります

午前中はなかなか当たりも少なくいきなりカサゴが釣れたりしますが
駿河湾は相模湾同様、岸近くですぐに7~80mになるのでボートでアマダイを狙うには絶好のシチュエーションです
1~2匹顔を見たあとポイントをあちこち移動
途中カワハギも狙ってみるが船長が1枚釣っただけで、あとはベラの攻猛攻撃に合い挫折
その後ポイントを移動して別のアマダイポイントへ
するとほどなくパタパタと釣れ、最終的には船内9匹ゲットとなりました

e0007544_8433518.jpg



帰宅してウロコごと揚げるいつもの甘鯛の松笠揚げ
ビールのつまみに最高です
そしてこぶじめも仕込んであるので出来上がりが楽しみです
実は開きの一夜干しも美味しいそうです
今度沢山釣れたらやってみようと思います

e0007544_8441292.jpg



駿河湾は昔はもっと魚影が濃かったのだといいますがやはり最近はあまり釣れないとのこと
それでもアマダイは堅い釣り物のようです
いつか自分のボートでも浮かんでみたいところです。
[PR]

by kono0202 | 2014-12-29 08:45 | アウトドア

洋征丸

ほぼ3週間ぶりに海釣りへ行ってきました
今回はお友達が最近行き始めたという逗子小坪港から友達と一緒に洋征丸さんに初めて行ってみました
狙いはアジ五目
釣果情報では外道でブリも狙えるということで、ちょっとそそられる
でも基本は大アジと、真鯛を狙う
真鯛は外房でのヒトツテンヤ以来です
ましてやビシミンチでの真鯛は初めてですので、果たして釣れるのか

6時現地着
まだあたりは薄暗いが、すでに小坪から出船する船宿も
洋征丸さんは7時出航
なのでちょっとのんびりです
逗子マリーナのすぐ隣
マリーナの近くだからでしょうか?釣り船も皆、見た感じ小奇麗なのです
洋征丸さんもとっても綺麗です

e0007544_1550940.jpg



乗ってみるととにかくどこもピカピカ!
コマセのカスひとつ残っていない
船べりも真っ白で気持ち良いくらいです
トイレも広くて綺麗
これなら女性でも気持ちよく1日過ごせそうです
特に驚いたのはキャビンの中
我が家のリビングより綺麗です(笑)
整理整頓された戸棚の中のお茶もカップヌードルもフリーです
e0007544_1553488.jpg


そんな船宿さんの船に乗せていただきいざ出航
少しうねりはありましたが、ピーカンの晴れ
気持ちいい1日のはじまり
e0007544_15544757.jpg


ポイントまで40分ほど
着いて見渡すと、見覚えのある風景
そう、以前ヤマハのレンタルボートで三崎港から出航して、Yちゃんとアジを狙ったポイントです
あの日サバしか釣れなかったけど、今日はどうだろう?

到着してビシを放り込むやいなや、すぐに当たり
やはりアジは堅い
水深90m底から6mとアナウンス
うまくラインを見て棚合わせをする
するとビンビン竿先がしなる
んん~気持ちイイ

2本針で手堅く1本ずつ釣れればいいやと思っていると2本かかったりする
ビシ130号に大アジ2本かかると流石に重い
しばらく入れ食いのような感じで飽きずに釣れる
ただ、お祭りも多い
水深が深い分、片側5人くらいなのにまつる
反対側の人ともまつる(笑)
お祭りを解くのに時間を取られて手返しが鈍る

船長の他に、中乗りさんも一人いてくださったので、ほんと助かりました

e0007544_1603121.jpg


昼ごろですでにひとしきりアジは釣れたのでそろそろ真鯛を狙いたいなと
船宿推奨仕掛けを紐解いてみる
自分でハリスを結ぶタイプ
中乗りさんに結び方を教わる
下針に真鯛用、上に大アジ用の仕掛け
アジと真鯛を同時に狙う仕掛けです

初めての釣り方
果たして釣れるのか半信半疑
すると友人とは反対側のオオトモで釣ってた方が大きな真鯛をいきなりゲット
それを見た自分テンション上がるもなかなか釣れない
それでもポツポツアジはかかるので、1時頃にはちょっと飽きてくる
仕掛けを落としたまま、置き竿で友人と雑談していると、竿先がビビっとしなる
ん?またアジが当たってるのかな?と思う間もなく
船長が降りてきて、「ほら、当たってる!アジじゃないよ!その引きは真鯛だ!」と言いながら
竿先を合わせくれる
そのまま巻いて~
手の力抜いてね

言われるがまま新調にリールを巻き上げると、やっと念願の赤い真鯛が顔を見せてくれました
ほんと嬉しかった
船長が水面でタモ取りしてくださり無事に取り込み成功♪
真鯛はマーキングして船のイケスに入れてくださった

この日真鯛をゲットしたのは船中4人
ほんと良かったです
今回外道の大型青モノは狙えませんでしたが、真鯛が釣れたのでもう大満足でした
帰宅して大きさを計ったら45cmほど
真鯛としてはちょっと小ぶりですが食べごろサイズです

20本のアジは帰ってきてご近所におすそ分けしてもまだたくさん残って
毎日アジ三昧です

e0007544_1632290.jpg



e0007544_1644321.jpg



e0007544_1652542.jpg


久しぶりに真鯛のお刺身、そして定番アジのタタキ
お酒はスーパーで見つけた赤城山スパークリングで・・・
運転もあって疲れたけど楽しい1日でした。
[PR]

by kono0202 | 2014-12-16 16:05 | アウトドア

12月の丹生湖

e0007544_8215094.jpg



紅葉もすっかり終わってしまい長野や新潟では雪のたよりも聞かれる日曜日
朝から丹生湖へ行ってきました
今シーズン4度目の丹生湖
鮎川湖を含めると6度目のワカサギ釣りです
今シーズンはかなり行ってますが、腕は一向に上がりません
それといつも不思議に思うのは、女性が極端に少ないこと
確かに釣り人口の割合からすると、女性は10%にも満たないと思いますが
海釣りでは船に乗ると例えば20人中2~4人くらは女性のみのグループもしくは単独乗船の方がいらっしゃいますが
ワカサギに関しては家族連れ、カップル以外、単独女性は皆無です
だからこそ、皆さんに親切にしてもらえるという特権もありますが
もう少し居てもいいのでは?
内陸に住んでる方なら、海よりはるかに近いし桟橋料なども船に乗るより全然お安い
ワカサギ釣りこそ釣りの入門編としては良いのではないかなと思います
餌釣りというのもあってどこか海釣りに通じるものがあると思うのです
もちろん釣れた魚は持ち帰って料理できますしね♪

この日は午前中あまりに釣れないので写真を撮ってみた
雲が偶然水面に写って幻想的な感じです



e0007544_822322.jpg


妙義山も綺麗です



e0007544_8243281.jpg




桟橋はこの日は人も多く賑やかです
特にヘラ釣りの団体さんが賑やかでした

倶楽部の方もたくさん揃い
この日は師匠のお友達の細山さんも合流され賑やかです
12月20日は細山さんの「釣り百景」ワカサギ編@丹生湖が放送されますよ~と
スタッフの方宣伝されてました
ぜひ録画してでも観なくてはと思ってます

で、この日の釣果は撃沈でした
結局群れは数回しかまわってこず
いつもの終礼時の音楽とともに始まる大フィーバーも、ほんの少し
そして、なかなか数が拾えない
さらに仕掛けトラブル多発
誘い方が悪いのかハリスがすぐに絡んで外れなくなる
風も冷たくほんとに厳しい1日
最終的には68で終わってしまいました
周りの皆さんはもちろんしっかり束超え
まだまだ修行は続きます
でも楽しい・・・

e0007544_831837.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-12-08 08:25 | アウトドア

鮎川湖2014

今シーズンすでに3度丹生湖へはお邪魔してます
なので、今回は鮎川湖へ行ってみました
今回誰とも約束せず、単独でしたので、朝はのんびり向かいました
朝7時鮎川湖に到着
すでに桟橋の良いと噂されるところには人が座られています
それでも3連休最終日ということもあって桟橋はそんなに混んではいません
ボートも少なめな感じ
とりあえずお目当ての釣り座に一番近くの空いているところへ座り釣り開始
何となく皆さん静か・・・
となりのお兄さんに釣れてますか?とヤボな質問してみた
案の定釣れてないとのこと

e0007544_8342994.jpg



しばらく当たりを見る
魚探も底のほうに反応が少しあるがなかなか当たらない
今日はダメかな・・・
顔なじみの鮎川湖の社長さんが桟橋へ何度か顔を見せられる
私の釣果見てニヤニヤ
午後から釣れると思うよと・・・慰めてくれます

そうですか・・・

お天気は良く、ポカポカ日向ぼっこ気分

ポツポツ釣れてくるけど、ツヌケするのに3時間以上かかった
時々群れが入ってくるけど、うまく当たらない
すぐ目の前でやってたボートの方から「今日はダメだね~」という会話が聞こえてくる
1週間前はかなり釣れたらしい
そうか・・・やはり釣れないのは自分だけじゃないんだとちょっと安心(笑)

e0007544_8375335.jpg



お昼のおにぎりをかじりながら、それでも反応が気になり右手におにぎり、左手で誘ったり・・・

そうこうしているうちに午後のフィーバータイムがやっと始まった
20くらいから一気にさらに20追加
このまま入れ食いが続いて欲しいと思った矢先、3時に終了の放送
そうだ・・・ここは丹生湖より早かったんだ

e0007544_839043.jpg



魚探は反応が出てるのに・・・
後ろ髪引かれる
でもこれがあるから、最後まで帰れないんですよね(笑)
毎度のことながら貧果に終わった1日でしたが、のんびり過ごすことができました
ここのワカサギはなぜか今年も型が大きい
なので50足らずでもそれなりにカサはあるので嬉しいです

e0007544_8412468.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-11-28 08:41 | アウトドア

つり幸さんのタチウオ

三連休初日に久しぶりに友達3人で女子会ならぬ女子釣り会でした
皆仕事を持ってて忙しいということで3連休とはいっても日帰りで近いところからということで
Sちん提案の川崎つり幸さんへ行ってきました
つり幸さんのタチウオ船は2年ぶりくらい
そしてタチウオ自体は夏の忠彦丸以来です
数カ月で釣り方を忘れてしまうので、雑誌を読んだりして復習
でもつり幸さんは初心者には優しく親切な中乗りさんが二人も乗られるので女子だけでも気軽に乗船できます
むしろ女性にはほんとうに丁寧に教えてくださいます
そんなんで、けっこう好きな船だったりします

e0007544_8564479.jpg




お天気にも恵まれこの季節にしては寒くもなく絶好な釣り日より
7時出船も有難い
早くもなく遅くもない時間かなと思います
ただしタチに関しては川崎からはポイントが遠いのでほぼ1時間ほど移動します
運転で一時間移動よりは楽なのでそれはそれでいいのです

e0007544_8572389.jpg



この日は3連休の初日ということもあって、船はほぼ満席
オマツリ必至です

そしてポイントにつくや、そこそこの反応ありとのこと
今回はちょっと古めの電動ですが、最近PEを4合300Mに巻き替え、中深場でもいけるようにメンテナンスしてみた
今回のタチはなんと水深150MでやるからPE200では足りないとのこと
フォースマスターは200mしか巻いてないので今回はお休みです

e0007544_859449.jpg




そして錘は120号
この重いタックルを1日誘い続け、私の場合竿は左手なので左の腕がパンパンになりました
それでも釣れればそんなのは何でもないんですけどね

そして前回の鬱憤を晴らしたく、とにかく中乗りさんの指示を忠実に守り
棚の間を丁寧に誘いあげる
小さく2~3回誘い大きく1回
なるべく下から目の高さへ
その間についてくればガツンと当たる
この繰り返し
この時の当たりがなんとも言えず気持ちいい
しっかり針掛かりしたら一気に巻き上げ
キラキラのタチウオが水面に上がって来た時は本当に嬉しいです
2時間もやってると誘いのリズムを覚え、棚さえ合ってればかかるようになってきた
けれど昼過ぎ少し潮が止まったようで食いしぶり
その後終わりちょっと前にパタパタと釣れました

e0007544_901751.jpg



結果15本+30cmほどのアジ
竿頭は30以上ということで、流石です
2本針の方も時々2本かけて数を延ばしてました

そこそこ飽きない程度に釣れたので良い釣りになったと思います
気楽に行けるつり幸さんでまた挑戦したいですね
e0007544_905924.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-11-26 09:01 | アウトドア

平日の丹生湖

週末珍しくフル出勤になってしまったので平日お休みを頂きました
疲れてるなら家でじっとしてればいいのですが週末のストレスの解消はやっぱり釣りです
平日中1日で海まで遠征するにはキツイので、今年3度目の丹生湖へワカサギ釣りに行ってきました
火曜日に釣りをするメンバーさんはいらっしゃらないのですが、運良くN師匠がお付き合いしてくださいまいた

e0007544_8292434.jpg



もみじに映える妙義山
上毛カルタにもあるように、以前はよく紅葉狩りに行った山
この日も綺麗です
桟橋も平日とあって人は少なく
どの桟橋も先端に数人といった感じです

e0007544_8295829.jpg




今回,有難いことに前回湖へ落としてしまた竿置き台をN師匠が手作りしてくださいました
ほんとに有難いです
ちゃんとクランプも付いてて角度も変えられます
買ったら○千円もするものをサクっと作っていただいきほんとにありがとうございました

e0007544_8304641.jpg




そして肝心の釣果ですが
朝一は静か・・・ポツポツと来る感じ
師匠は毎度のことながらマイペースで数を延ばしていきます
この機会にじっと観察

e0007544_8325331.jpg


e0007544_8332653.jpg




さすがの竿さばきです
なかなか真似ができないのが現実

昼前に大きな群れが数回
頼んだお昼のカレーを食べる間もなく来るのでこの時とばかり魚探の赤い反応の中へ仕掛けを落とす
何匹かここで数は伸ばせましたが、その後群れはほとんどなく午後は失速
常に何かの反応はあるのですが、ヘラかクチボソ
クチボソはワカサギと見間違えそうなヌカ喜びの犯人ですが、聞くところによると甘露煮とかにすると美味しいとのことですので次回からキープしてみようかなと思ったりしています
佃煮にするほど釣れるかといえばそうでもないのですが・・・

今回はほんとに勉強になりました
釣果は1束目前の92匹
3シーズン目にしてこれは・・・・海や山へ浮気してるからだと言われればそれまでですが(笑)
破門されないように頑張ります


また近いうち参戦させていただきます
[PR]

by kono0202 | 2014-11-19 08:34 | アウトドア

カワハギとワカサギ

カタカナで書くと字面が似てて言い間違えそうになりますが
片や海の魚、片や淡水湖の魚
今更ですが、以前に雑誌つり人を読んで話題にしたことがありましたが
どちらもアタリをとりながら釣る奥の深い釣りです
あえて両方を週末堪能してみた

幸い3連休でしたので、初日はカワハギ、最終日にワカサギを楽しんでみました
カワハギは今回は一度やってみたかった久里浜からのボート釣りでした
今回はゲストで乗せていただき、数人で楽しむボート釣り
乗合船とは勝手がちがいます

まず水面が近い
そして浅瀬を攻めることができる
当日朝までの予報は曇り時々雨程度だったのに、いざ沖へ出てみると土砂降りの雨
この日ほど天気予報が信用できないと思ったことはありません
とにかくずぶ濡れになりながら、ほんの2時間ほどでしたが4人で40~50枚くらいは釣ったでしょうか
自分のカウントは7枚
皆さん上手です
雨がひどくて今回はほとんど写真が撮れませんでした

e0007544_824342.jpg



結局夜は初めてカワハギ鍋を船長宅でご馳走になりました
自分の釣果より多い数のカワハギをお土産にいただき、帰宅後は醤油漬けにして干してみました
なんとも酒の肴に合います
近いうち、自分のボートでもやってみたい釣りですね

e0007544_8253647.jpg


e0007544_8384058.jpg



e0007544_826646.jpg



そして連休三日めは今月解禁になったばかりの丹生湖へ
今シーズン初のワカサギ釣りをしてきました
管理人さんへ、今シーズンもお世話になりますとごあいさつ
お師匠さん達と合流させていただき桟橋へ
早朝の丹生湖の景色はほんとに綺麗でうっとりします

e0007544_826539.jpg



e0007544_8271540.jpg



お天気は初日の雨とはうって変わってピーカンの晴れ
風が少し強めで新しくおろしたクリスティアのPEが絡んでしまい、一投目落とすまでに30分かかってしまいました(笑)

e0007544_8402942.jpg



おそらくその頃すでに皆さんは50くらいいってたのでしょうか?
久しぶりの小さな針にも悪戦苦闘でした

e0007544_8312093.jpg



それでもお天気が良いので気持ちはピクニック気分
お子様連れもいらっしゃり歓談しながらの賑やかな桟橋です
1日のんびり釣りをして、むしろ体が休まった感がしますが
釣果はさすがに伸びず
大きな群れがあまり見られず撃沈でした

e0007544_8474319.jpg



桟橋は動けない分、場所によって釣果の差が出ますが、私の場合単に腕が悪いだけだと思います(笑)
今シーズンも頑張って修行しなければですね
夜はやっぱりこれです

e0007544_844932.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-11-05 08:35 | アウトドア

新潟の秋

久しぶりに直江津港へ釣りに行ってきました
久しぶりの2馬力マイボーでのト釣行

今の季節は道中が楽しみ
いつも通る湯沢から十日町へ抜ける途中の山里はすっかり秋が深まってました

e0007544_88474.jpg




直江津江の夜釣りをほんの少し楽しむ
週末とあってたくさんの人で賑わってます
墨の跡が気になってエギを投げてみるが全く当たらず・・・

e0007544_8265428.jpg



日が暮れると東京湾ではおなじみのこんな風景が直江津にもあります
暗闇に浮かぶ灯がなんとも幻想的

e0007544_8112078.jpg


直江津での釣行は1年ぶり以上
久しぶりに景色にも癒される
あえて携帯画像
パノラマ感がいいです

e0007544_8131792.jpg



船長としての腕の見せ所です(笑)
魚探を睨みながら魚影を探す

ここは佐渡汽船とたまに大きなタンカーが通るくらいで東京湾のような賑やかさはありません
まさにボート天国です

e0007544_816660.jpg



久しぶりに魚探の反応にワクワク
海は凪なので久しぶりに堤防の外も探索
アジの反応は皆無でしたが、キジハタでも・・・と探しましたがなかなかポイント見つからず
やはりたまに来る釣り人には難しいです
そうこうしているうちに、イナダがかかったりする
ラッキーです
そして昼頃湾内の某アジポイントと噂されるところへ移動
いきなり魚探の底に大きな反応
見つけました
仕掛けを落とすとグイグイと竿が曲がります
もちろんアジ
しかもなかなか良い型がかかります
体高も高くまるまるしてる
合間にサバもかかり少し魚種を増やす
最後にはおおきなヒラメもかかり大満足なボート釣りでした
アジ五目達成です
ゲストさんとクーラー満タン

e0007544_8202124.jpg



e0007544_8211425.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-10-31 08:21 | アウトドア

仕立て船

今回初めて仕立ての乗合船に乗せていただきました
釣り友のYちゃんが幹事さんです
他のお友達はほとんど知らない方ばかりでしたが
Yちゃんの人柄なのか、始めから皆さん和気あいあいとした雰囲気で一安心です
今回は佐島6時集合です
朝日がやっと昇ってきます
相模湾らしくヨットが並んでます

e0007544_8432622.jpg



e0007544_8452147.jpg



皆さん揃ったのでちょっと早めの出航
これも仕立てならではですね
今回はカワハギなら定員14名のところ7名での乗船
ちょっと贅沢な感じですがお祭りの心配もなく安心です
好き勝手に釣ったり呑んだり(笑)
写真撮ったりしながらのんびりな釣りです
お借りした画像です
e0007544_8462229.jpg



船長さんがあちこちと船を走らせてポイントを探してくださいます
前回の乗合もかなり渋めでしたが
今回も朝、パタパタと釣れ、その後ベラの攻撃に合いなかなか釣果が伸びません
それでも後半何とか追い上げ、やっとつぬけられました
餌取りの技に今回も勝てません
錘と仕掛けも三つほどロストしました
e0007544_850171.jpg



でもお天気も最高で楽しい釣りになりました
e0007544_8505395.jpg

鶴丸船長さん、お世話になりました
とっても親切な優しい船長さんです

帰宅して市内の居酒屋へ
マスターにお願いして少しお刺身を作っていただきました
美味し日本酒でいただくカワハギ、最高ですね♪
e0007544_8523561.jpg

[PR]

by kono0202 | 2014-10-23 08:52 | アウトドア

茶臼岳

先月の信州湯俣温泉から引き続き今シーズン2度目のトレッキングでした
那須は牧場や遊園地、ペンション宿泊とレジャーでは子供の頃から大人になるまで、過去に何度か行っていますが
山歩きは今回が2度目です
数年前は距離は歩いたのですが茶臼岳には登らなかったので、今回はあくまで頂上を目指すのが目的
・・・というより、当初、紅葉が見れればいいねという感じで
友達とほぼ思いつきで台風の進路を気にしながら計画をたてたのが数日前でした
ある重い病気治療中の彼女ですが
すでに長い闘病生活を乗り越え、やっと最近元気になってきたので
久しぶりに温泉でゆっくり話したいというのもあったのですが
お互いがアウトドア派なので、ただ温泉ではもったいないということになり
急遽トレッキングになったのです

山歩きはいつもベテランさんの指示の元に行動するのがほとんどでしたが
今回は私が案内人です
とりあえず車を走らせ、茶臼岳ロープーウェイの山麓駅を目指す
しかし、紅葉登山の方ですでに駅の駐車場は満車、かなり下のスキー場横の道路脇がまだ空いていて
運良く停められ、そこから無料の送迎バスに乗ることができました
ほんとにラッキーです

あとはすいすいとうまくいきコースタイムも予定どおりでした

まずお手軽にロープーウエィに乗り山頂駅へ
この日は台風が近づいてきてるのでお天気心配してましたが
なんと上に上がるとピーカン
眼下には雲海が広がってます

e0007544_7485552.jpg



e0007544_7491782.jpg


山頂駅は登山者やハイキングを楽しむ観光客で賑わってました
さすが紅葉シーズンです
御嶽山もこんな感じでいつもより多くの登山者が訪れていたに違いないと思うと心が痛みます
と、同時に、茶臼岳も活火山であることを忘れてはいけないのです
無料バスの案内をしてくれたスタッフの方からも
今年はやはり御嶽山の事故の影響で少し登山客は少ないと聞かされてました
それでも、茶臼岳を目指す人で、登山道は混み合ってました

e0007544_756380.jpg



e0007544_7533654.jpg



スニーカーで登られたり、赤ちゃん抱っこしての山歩き
ちょっとどうなの?と思わせる場面にも出会いましたが、紅葉シーズンはこんなものなのでしょうか?

思ったより足元が悪い茶臼岳ですが何とか登頂

e0007544_7553750.jpg


ここには載せられませんが記念写真もいっぱい撮って頂上を満喫
その後茶臼岳から途中硫黄の香りのする蒸気の上がる沢を見学
峰の茶屋跡を目指します
途中少しずつ紅葉が目の前に広がってきます

e0007544_8417.jpg



峰の茶屋の広場にていつものカップヌードルランチでひと休み
そして、そこからゆっくり左に旭岳を見ながら峠の茶屋跡経由の下山コースです
旭岳山麓の紅葉が綺麗に色付き初めてました
あと1時間早く歩き出せれば旭岳にも登れたかもしれないと思うとちょっと残念ですが
紅葉が見れたので良かったと思います

e0007544_855888.jpg



e0007544_861919.jpg


今回は女二人のゆるゆるな山歩き
2時頃にはロープーウェイ下まで下山することができました
こんな時間でも3連休中日とあってマイカーでの観光客はまだこちらに向かってきます(笑)
そんな渋滞を尻目に、一路、次の目的へ向かうのでした。

つづく
[PR]

by kono0202 | 2014-10-16 08:08 | アウトドア