「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

信州の秘湯へ

季節はまだ初秋ですが、気持ちのいいトレッキングをしてきました
歩いてしかたどり着けない温泉、湯俣温泉へ行ってきました
今回は山を始めた頃からの古いお仲間数人でのトレッキング
皆さん本格的な登山家になってしまいましたが、私の場合、今回は山は登らないということで安心してご一緒させていただくことに・・・^^;

私は山小屋利用でしたので荷物も少なめ
そうは言っても以前知り合いに譲っていただいた38Lのリュックを初登場させパッキング
自分の食料も全て持ち込みなのでけっこうな重さになっていましました

七倉というところから高瀬ダムの上までタクシーに乗り換え、
ダムから10キロほどの道のりをダム湖沿いに上流へ歩いていきます
まずは長いダムのトンネルを抜けます

e0007544_654115.jpg



登りがほとんどないのですが、ところどころにアップダウンが
それでも通常の山登りとは全く違う、ゆる~いトレッキングコース

e0007544_6545351.jpg



見上げる山々の頂きはそろそろ紅葉がはじまりつつあります

e0007544_7295160.jpg



ダム湖は残念ながら濁っていましたが
そこへ流れ込む高瀬川は本当に綺麗な水
コバルトブルーに透き通る川を覗き込むと魚が泳いでいます
渓流釣りをする人をちらほら見かけます

e0007544_656010.jpg



歩くこと2時間ほどで名無避難小屋

e0007544_6581288.jpg



ここからさらに1時間、目的の晴嵐荘さんが河原の向こう側に見えてきます

e0007544_659544.jpg



この吊り橋を渡ると到着

e0007544_701979.jpg

山小屋とは思えない綺麗な佇まいです

e0007544_722074.jpg



山でのお水は貴重ですが、ここは使い放題
有難いです

e0007544_73944.jpg



皆さんは小屋にに泊まらずテント泊
何日もかけて山を縦走する人たちですから、設営は慣れたものです
なんか、すごくいい感じです

e0007544_734249.jpg



私は今回贅沢に小屋泊にしていただきました

e0007544_761190.jpg

初めての山小屋に感動
他にもお客様は大勢いましたが、大きな10人部屋を一人で占領
有難いことです

小屋に到着後、午後からその上の噴湯丘方面へ
河原からはあちこち湯気が立ち込めています
自分たちで穴を掘ったり、川をせき止めたりして湯船を作るのですが
すでにあちこちに湯船の跡が
川を渡って向こう岸へ
皆さんが手直ししてくださった湯船でまったりと温泉三昧
もちろん登山道から丸見えですので、今年2度目の水着着用です
噴湯丘も立派です
何年もかけてこんなふうに出来上がるのでしょうね
e0007544_763947.jpg



夜はそれぞれ持ち寄った食材で鍋を作ったり、アルファ米を食べてみたりと楽しいひと時
もちろん皆さんのあの大きなリュックにはアルコールもたっぷりです
青嵐荘さんの内湯も湯の花の浮く硫黄泉です
ゆっくり浸かって一日の疲れを癒します

翌朝は展望台へ登ってみました
ほんの30分のコースですが200M以上を一気に直登
今回初の登山です(笑)
展望台からは槍ヶ岳や燕岳の頂上が見えます
とってもいい景色

e0007544_7845100.jpg



そして自分の影にちょっと感動したりして・・・

e0007544_79876.jpg

昨年の手白沢に続き、今回の湯俣
年に1~2度はこんな温泉トレッキングしたいなと思います
[PR]

by kono0202 | 2013-09-30 07:36 | アウトドア

東京湾の船宿

タチウオ釣りに行ってきました
前回タチウオ教室でお世話になった富津のひらの丸さんは、前日の問い合わせですでに満席
さすがです
あのイケメン船長さんのおかげでしょうか

どうしても今回はタチがやりたかった
釣り情報誌では、何度か以前利用させていただいた川崎つり幸さんもタチ船を出してるということを知り即決
もちろんここは予約なしでOKです
HPではタックルや錘など何も表記されていない
最近のタチは、水深の深いところへ行っているのは知ってたので、とりあえず電動と錘80号を準備
当日早めに宿に着いていろいろ確認したとろ錘は100号とのこと
もちろん持ち合わせがなかったのですが船に用意してあるとのことで一安心
ここはいろんな意味で初心者や女性には親切です
料金も半額
もちろんエサ付き氷付き
宿によってはエサも氷も有料のところがあります

e0007544_618244.jpg



船も大きく今回タチは2隻出航ということでタチの人気は上々のようです
そしてどこの船宿さんより船内のトイレが広くて綺麗だと感じました
しかも女性専用です

そして肝心の釣果ですが、やはり惨敗(笑)
でも7本釣れたので自分では2度目にしては上出来だったかも
竿頭が8本でしたから・・・
始めの1時間で2本、その後、ポツポツ
指4本サイズも数匹混じったので前回よりは数は下でしたが内容は良かった気がする
やはり太いサイズがかかった時のあの引きはほんとに凄いです
ただでさえ重い電動リールがさらに重くなるので女子には厳しいけど、その引きが快感です

e0007544_7174262.jpg


連休中ということもあって片側に10人
潮の流れも早くおまつりも多かった
しかし中乗りさんが2名乗船されてたのでかなり助かりました
もちろん釣り方もレクチャーしてくださり、切れたハリスまで結び直してくださるという親切さ
やはり女性には優しいです

そして今回感じたこと
東京湾内では船宿はどこを選んでも季節の釣り物の場合ポイントはほぼ同じ
今回も同じポイントにひらの丸さんがいました
ってことは、家から近くて安く親切な宿を選ぶのが一番だなと思いました
ちなみに宿からポイントまで遠いのはむしろ仮眠の時間が確保できるので、海なし県からはるばる行く自分にはありがたいです

e0007544_6595212.jpg



e0007544_703492.jpg

こんなタンカーが常に行き来する東京湾
多くのタチ船の間を縫うように進んで行きます

今回初めてのお友達に大きなのを1本譲ってあげて持ち帰りは6本
炙りのお刺身とたたきでいただき、あとは冷凍保存
脂が乗ったくせの無い魚なので洋風料理にも合います


e0007544_791687.jpg

[PR]

by kono0202 | 2013-09-25 07:23 | アウトドア

紅い絨毯

お彼岸・・・
祖父母と両親のお墓のお掃除を兼ねてお参り
お墓参りをするとなぜか気持ちが落ち着きます
その足で先日から行きたいと思っていた彼岸花の里へ立ち寄ってみました
ここの幻想的な風景が私はとっても好きで、数年に一度は訪れているお気にりの場所
地元の方がおそらくボランティアで手入れをされてるのだと思いますが
年ごとに花が増えている気がします

e0007544_813836.jpg

林の中の木々の足元に寄り添うように花が咲いています


e0007544_825095.jpg



e0007544_83870.jpg

以前はほとんど無かった白い花も今年はだいぶ増えてました


e0007544_835734.jpg

まさに紅い絨毯

もう秋ですね・・・
[PR]

by kono0202 | 2013-09-24 08:07 | 風景

第4世代

e0007544_7433939.jpg


やっと新しいのが届きました
今までのは初期のもの
それでも仕事では使いこなせていなかったのです
知識的に疎いというのもありますが、どんどん社内のツールが進化してしまい
最近は現実にうまく機能しなくなってきていたっていうのもあります
そんな状況の中、外出から帰ると職場のデスクの上に置いてあったのがこれ
一気に第4世代へ
起動させてみると、やはり早い!
サクサクです
カメラも付いてる(笑)
カメラは仕事で一番必要だったりしますので、かなり便利に使えそう
もちろんプライベートでも使用可ですので、いろいろと楽しみも増えます
もっと勉強しなければ・・・

携帯もi-phonにすればもっと便利なのでしょうけれど、いかんせんdocomoユーザーですので
今まではそんな気はさらさら無かったのです
しかし、先日発表されたようにdocomoからも発売されると聞いてちょっと最近心揺らいでます
お値段の動向が気になるところですね
[PR]

by kono0202 | 2013-09-18 07:45 | 仕事

剣崎沖のカワハギ

海の日以来の船宿でのカワハギ釣り
3連休一日目、台風の影響で海況が気になるとことでしたが予報は晴れ、海も穏やかな様子でしたので
久比里の山下丸さんへ行ってきました
お仲間はまだ到着してなかったのですが、最近は宿の方とも顔なじみになりしばし談笑
今回初めてお会いするカワハギ名人のAさんとMさんを紹介していただきご挨拶
名人さんはあさりをひたすら剥いていらっしゃいました
そう、ここはあさりを自分で剥くのと、剥き身と選ぶことができます
私はヘタレなので剥き身を購入(笑)
8時出船・・出船時はまさかの雨に降られましたが、沖へ出ると止んでくれほっとしていると
今度は晴れてきて暑い・・・
船は見慣れた景色の剣崎沖へ
もう一艘のカワハギ船は竹岡沖へ向かったとのこと

e0007544_738695.jpg



果たしてどちらが釣れたかは後の釣果情報で知ることになるのですが
つり丸の最新号の予備知識ではこの辺でいい型が出てると書いてあった
ちょっとワクワクしてましたが、やはり現実はそう甘くなく
結果自分は名人さんの24枚の半分も釣れず
毎週カワハギをやってるお友達も7~10枚とツヌケできるかどうかのところ
私は4枚でした
タックルや仕掛けの選び方もあるのでしょうけれど、誘い方も難しい
今回はカワハギ専用の25号錘を二つ用意して行ったのに二つとも根がかりとフック外れでロストしてしまい、ちょっとがっかり
でも型はまあまあで、自分のは大きいので23cmでした
でもこの日のAさんは30cm超えを釣っていたので足元にも及びません
外道に30cmほどのイナダがかかりキープしてきました
帰りに沢山釣れた方がいつものようにカワハギを何枚か分けてくださるので、あまり数は必要ない自分には充分なお土産になりました
沖のカワハギは難しいなぁと思います
高い授業料でしたが、今シーズンのボート釣りにも何とか生かせたらいいなぁと思います

e0007544_7424282.jpg


立ち寄り湯
[PR]

by kono0202 | 2013-09-16 07:53 | アウトドア

バジル

先日FBつながりでご近所でもあるTさんからバジルを株分けしてると聞いて、ぜひ分けて欲しいとお願いしたところ
お忙しい中、玄関先に鉢植えを置いてってくださいました
嬉しかったです

せっかくなのでさっそくバジルを使った料理を作ってみました
お料理用のハーブの中では一番好きで、乾燥したバジルや、パスタ用のピューレはよく買います
けれど生バジルを使うことはほとんどなかったです

クックパットで一番にヒットしたヘルシーメニュー2品
きのことトマトのバジルソテー(ノンオイル、ノンミート)
そして2番目にヒットしたイタリアン風冷奴
これはオリーブオイルベースのバジルソースが決めてです
どちらもワインによく合います
バジルの香りがすごくいい。

e0007544_73730100.jpg



e0007544_7434459.jpg
[PR]

by kono0202 | 2013-09-12 07:48 | 生活

牛久の大仏

少し前の話になりますが、娘が住むことになった街から房総へ向かっている時
高速道路を走っていたら突然右手に大きな大仏様が見えてきました
以前からここの大仏様には興味があったのですが、茨城はかつて全く縁のない土地
ましてや牛久方面へ行くことなどあり得なかったのですが
今回たまたま通りかかったため、思わず高速を途中下車してしまいました
以前読んだ「晴れた日は巨大仏を見に」という本にも紹介されていて第一章がこの牛久の大仏でした
この本はかなり面白いのでぜひおすすめします
著者が書くそれぞれの大仏様への辛口な評価が面白いです
どこからでも見える大仏
土地勘のない場所でしたが、すぐにたどり着くことができました

あまりの巨大さに呆然としました
胎内も見学
中はまるでアトラクションです
ちょっとしたカルチャーショック(笑)
今まで胎内に入った大仏様にはない内容です
そんなに古くないこの大仏が作られる工程などの展示もあり面白いです
エレベーターで胸のあたりまで上がれます
窓は小さいので景色はあまり堪能できませんが高いところが好きな人にはおすすめです

e0007544_874497.jpg


眺めていると大仏様ってなんか心が癒されますね
[PR]

by kono0202 | 2013-09-10 08:14 |

房総のハゼ

e0007544_7255158.jpg



台風の影響で海に出れない週末
久しぶりに陸から竿を出してみた
巨大なハゼが捕れたと噂を聞いてそのハゼをぜひ釣ってみたいと思った
いつもの海へ流れ込む川の河口にかかる小さな橋の上から狙ってみました
詳しい方にいろいろ教えていただき、上げ潮の時間を狙って仕掛けを投げてみる
小さな当たりがある
ただ台風の風が邪魔をしてとても釣りづらい
何とか9匹釣れた
ツヌケ一歩手前で暑さと空腹でギブアップ
釣りをしていると夢中になってしまい、食事どころか水も飲まずに遊んでしまいます
橋を通りかかる人に釣れてますか?と声をかけられる
中にはカブで通りかかった近所のおじさん、釣ったハゼやその他の雑魚は水槽に入れて飼ってると言う
面白いです
ボラまで飼ってるというからビックリ
おじさんにとっては外道でもなんでもなくてペットなんですね(笑)
地元の人とそんな会話しながら過ごす休日もまた癒されます

ちなみにここのハゼは今の時期にしては江戸前のハゼに比べてサイズが大きいです
残念ながら巨大なハゼは釣れませんでしたが
10cmくらいのは釣れました
腕もないので数は釣れませんでしたが美味しい天麩羅となりました

e0007544_7281796.jpg

[PR]

by kono0202 | 2013-09-03 07:35 | アウトドア

新生活

娘が9月1日から新生活を始めた
都会を引き払って北関東の地方都市へ
なんだかほっとする
やはり都会の喧騒の中で揉まれていく娘を見るのは母親としては心配でした
私は都会は嫌いではないです
かつて暮らしたこともある
だからこそ感じる
都会は時々エネルギーを吸収するために行くくらいが田舎者にはちょうどいいのです

地方都市へ行くにあたってやはり必要なのは車
ここで厳しい親なら借金してでも自分で買わせるのでしょうけど自分が親にしてもらったことは娘にもしてあげたいと思うことから今回だけはプレゼント
本人がずっと乗りたがってた車
もちろん中古ですが、ネットを駆使して見つけました
車体のカラーもいいけど内装も女の子を意識した可愛さ
かつてはは人気の車種だったらしく、中古でもまあまあの値段がついてました

e0007544_723949.jpg


e0007544_7251485.jpg



e0007544_724085.jpg




これからは事故に気をつけて新生活を送って欲しいと思います
[PR]

by kono0202 | 2013-09-02 07:33 | 生活