「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マルイカ修業

あれからまだ今シーズンは自らの手で釣ったマルイカにお目にかかっていなかった
巷では10年に一度の当たり年と噂されているのになぜか2度のボウズ(笑)
タイミングが悪いといえばそれまでですが・・・
一念発起して、群馬から近くなった船宿さん、沖ヱ門丸さんへ
久しぶりにマルイカをやるという友達引き連れて再々々チャレンジ
今回ボウズなら、もうマルイカは一生やらない
そんな気持ちで行ってきました

今回は片側5人、おそらく船内10人程度のお客さんでした
出航すると間も無く烏帽子岩が見えてきます

e0007544_8203692.jpg




前回乗ったアジ船はこの岩を通り過ぎ沖へ行きましたが、マルイカポイントからは
常にこの烏帽子岩が視界に入ります
水深20m前後を常にキープしながらポイントを移動します

初めの1時間で今までどんなに頑張っても釣れなかったマルちゃんがパタパタとなんと2年ぶりの友達に来ました
今シーズン3回目の自分の仕掛けにはなかなか触りません
当たりが取れていないのか
今回は船長の指示通りタタキがメイン
仕掛けは前半直結でしたが、途中錘の落とし方が悪かったのか、上から2番目のスッテから下が切れて
錘ごと無くなってしまいました
直結用の幹糸はこれしかなかったので市販の直ブラに急遽変更
スッテ交換が簡単にできないタイプなのでこうなったらスッテのカラーなど気にしていられない
最後までこれでイク覚悟です
すると、段々アタリもわかるようになり、うまく合わせることができるようになりました
タタキ、止め、待つ、空合わせ、落とし込み
単純作業の繰り返しで何とか竿先のアタリを見ることができるようになってきました
8時過ぎには5杯ほど、途中かなり遅いペースで最終的には何とかツヌケができました
ムギイカも混じってます

二人合わせると何だか沢山釣れたように見えます(笑)
e0007544_8253328.jpg





自分では今シーズン一番だったのですが
沖上がり後、反対側の同船者の釣果を聞いてビックリ
なんと70杯以上
それでも今日は渋かったねぇ~と言うのです(笑)
普段は束なんて当たり前なようです
一気に自分の腕に自信がなくなり、あぁ、もうマルイカ止めようかなと友達に愚痴ったら
それを聞いてた70杯のおじさんは、俺だって初めは1杯しか釣れなかったよっておっしゃってました
そして、颯爽とスクーターの後部にクーラーボックスと竿を縛り付けて帰って行きました
当然地元の常連さん
海なし県人にはもう少し授業料が必要なようです

帰り際アジ船で爆釣して帰ってきた海老名のYちゃんから大きな東京湾のアジとサバ、イワシなどをおすそ分けしていただきました

e0007544_8272463.jpg


e0007544_8275134.jpg


e0007544_8281186.jpg


帰宅して今回は手抜きして(笑)久しぶりに地元の居酒屋さんへ
美味しい地酒とマスターが料理してくれたマルイカ、アジ、ウルメイワシのお刺身で至福の時間を過ごすことができました
今シーズンあと何回マルイカ行けるかな?
タチウオも始まってるようです。
[PR]

by kono0202 | 2015-06-29 08:28 | アウトドア

イサキ

久しぶりに、イサキ船に乗ってきました。
今シーズンは絶対に釣りたいと思っていましたので

船宿さんは、館山の竜一丸さん
もちろん初めての宿です

千葉は外房以外で船に乗ったことがないのでちょっと不安でしたが、イサキならここがいいよと知人に勧められたので思い切って行ってきました

釣果情報ではまあまあな感じです
釣り方すら忘れてますのでどうなることかと思いながら受付を済ます
ここは船宿さんから港まで、5分ほど歩きます
クーラーや荷物は軽トラで運んでくださいます
生憎の雨ふりでテンション低めですが、トボトボ歩いて小さな桟橋へ
船もそんなに大きくはありませんがそこそこの人数のお客さんが集まってきます

e0007544_857347.jpg




乗り込んでみると、片側7~8人で一杯です

e0007544_858010.jpg



イサキのポイントはわりと岸寄りの浅いところ
手巻きでも充分ですが、ラインの指定が6号前後
私の一番太いので4号なのですが、電動リールにしか巻いてないので今回は電動で挑戦です

ビシもテンビンも手持ちので行けそう
アジ釣りなどで使う弓型の天秤はオマツリ避けるため禁止です

生憎の小雨続きで思ったよりうねりもあります
船が小さいのでかなり揺れます
船べりも低いので立って釣ってると海に落ちそうになります(笑)

棚は上から30~27M、28~25M、と移動すると微妙に変わりますが
一貫して中を狙います
30で止めて3M上げて待つ
仕掛けが3Mだからです
水深は言ってくれないので試しに仕掛けを底まで落としてみると50Mくらいでした
ラインのマーキングで棚をしっかり取れればなんとか釣れてくれます

出船して間も無くパタパタと釣れ、その後、しばらく渋く、移動を繰り返します
かかるとグググっと竿がしなります
この引きは楽しいです
半日船ですが出船が5時半頃ですので、8時頃で充分釣れてれば一休みしたいところですが
なかなかツ抜けられないので、休まず仕掛けを落とします

後半沖がり際に何とか大きいのがあげられてこの日の目標は達成できました


帰り際に大きめのをお友達におすそ分けして
8匹ほどキープ
一番大きいので35cmくらいでしたがうりんぼもいます

e0007544_963542.jpg



帰って久しぶりにイサキのお刺身
今回は船宿さんのレシピを見習って姿造りに挑戦してみました♪
今シーズンもう1回くらいはやりたい釣り物ですね
e0007544_97269.jpg

[PR]

by kono0202 | 2015-06-17 09:07 | アウトドア

初夏のボート釣り

梅雨入り直前の直江津港
狙いは大きな真鯛

今回もゲストですので船長にお願いして、小雨降る中、沖へ走ってもらいますが
船長が大きめのイナダ一本ゲットするのみで雨と寒さで早々に撤収

e0007544_7432694.jpg




その後イナダ2本追加しましたが
風も強くなる気配なので一旦沖上がりして休憩
昼頃再び湾内に戻りいつものアジは手堅くお土産用にキープ
しっかり数釣りできました♪

e0007544_74506.jpg

この日も佐渡汽船の大きなフェリーが優雅に佐渡ヶ島を行き来してます

次の狙いはキス
港から出てサーフ付近へ移動してみましたがうねりが大きく釣りにならないということで、再び湾内へ戻る
オカッパリの人々で賑わう堤防近くをうろうろ
仕掛けを落として流してみるとすぐに当たるもキスではなくハゼ
型はそこそこなのでキープすることに
その合間にキスもチラっと・・・
でもメインはハゼ釣りになってしまいました

たまには根魚も狙いたいと思い最後は沖堤防の脇へボートを寄せてもらう
根がかりをしないように仕掛けを落とす
根回りを狙う時は気が抜けません
流し釣りなので常に底を取り直し、探っていきます
すると早速カサゴが顔を見せてくれました
本当はメバルが欲しかったのですが・・・
するとその後すぐに船長がメバルを2匹連掛け
すごいです

直江津港は小舟で遊ぶにはほんとに楽しいところです
ボート釣りは狙ったものが釣れるとは限らないけど臨機応変に狙いを変えていく楽しみがあります
なので私の場合、外道は外道とは呼ばない(笑)

e0007544_7505271.jpg



e0007544_7513285.jpg



e0007544_7522568.jpg

次回はぜひともキジハタを狙いたいです
[PR]

by kono0202 | 2015-06-09 07:52 | アウトドア

沖右ヱ門丸

爽やかな季節は短いなと思います
一時はカメラにハマってあちこち花の写真を撮りに行ったのも今の季節
登山も気持ちいい季節なのですが、やはり気持ちは海へ向いてしまいます
週末アングラーなので、海の良い日は居てもたってもいられなくなります(笑)

e0007544_8511983.jpg



今回は初めて茅ヶ崎の沖右ヱ門丸さんへ
湘南、特に茅ヶ崎あたりは今まではおしゃれなイメージで、
サザンのちょっと古い歌が聞こえてきそうな田舎者には敷居が高いイメージがありました
ところが圏央道が海際まで通ったことで、かなり相模湾は近くなった気がします
夜中であれば都内追加してもさほど時間の差はないかもしれませんが、時間帯を選べば日中は現地がハイシーズンでない限り渋滞箇所は今のところなさそう
強いていえば東名高速道路を横切る海老名あたりが危いかもしれません

e0007544_8535255.jpg



e0007544_8543398.jpg



海老名のお仲間さんに案内されて初めて沖うヱ門丸さんにお世話になりました
いくつかの船宿さん共同の駐車場からは、湘南の砂浜が広がり、富士山も見れる絶景ポイントです
もうこの景色だけで満足してしまいます
夏の間、釣りもいいけど、もう少しこの近辺歩いてみたいなと思います

e0007544_854585.jpg



この日は朝から沢山のお客さんが見え、船もコミコミ(笑)
前回の忠彦丸さん顔負けです
ビシアジでこれではオマツリ必至です

e0007544_8552163.jpg



覚悟を決めていざ出船
早朝から先に到着していたお仲間に釣り座は良い位置に確保していただいてたので助かりました

富士山を眺めながら沖へはしります

一貫してポイントは水深100M以上
久しぶりに130号のビシはズッシリ重いです

釣り初め2時間ほどは反応があってもほとんど食ってきません
潮止まりも重なっていたようです

船もあちこち移動

昼近くなってようやく釣れるようになってきました
大型も混じりますが、前半サバの猛攻撃にあいます
水面にうじゃうじゃ見えてます(笑)
このサバをかわしながらアジを釣るのは本当に難しい
棚も下げ気味に
巻き上げは早めに
うっかりサバがかかると3人くらいの仕掛けが一気にマツってしまい、何本仕掛けを消費したことか・・・

e0007544_8573275.jpg



苦戦しながらも何とか大きめのアジでツ抜けることができホッとしました
外道のサバも船の上で血抜き下処理までして大きめのもはキープ
後半飽きない程度に楽しいアジ釣りができました
今回やっと35Lの新しいクーラーが役にたちました(笑)

帰宅して地元龍神酒造の新作「夏吟」の肴にアジのタタキとしめサバで至福の時間

e0007544_8585262.jpg


次はどんな釣りにんるかな?なんて思いを馳せながらいただく
夏はほんとに楽しい。
[PR]

by kono0202 | 2015-06-04 08:59 | アウトドア